ここから本文です

巨人優勝の陰のMVPは亀井善行選手【立浪和義の超野球論】

10/29(火) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

打撃にしぶとさが増した

今季の亀井は、ここぞの場面でいい仕事をした

 巨人が5年ぶりのリーグ優勝を飾りました。CSのファイナルステージでも、勝ち上がってきた3位の阪神を4勝1敗(アドバンテージの1勝を含む)で圧倒し、日本シリーズにもコマを進めました。

 短期決戦はチームの力だけではなく、勢いが重要になります。1位の巨人にはアドバンテージの1勝がありましたが、実戦から離れたブランクもあり、一方の阪神には2位のDeNAをファーストステージで破った勢いがありました。私は初戦が大事になるな、と思っていました。勝てば巨人が一気に有利になりますが、負ければ、巨人の選手に「こんなはずはない」「阪神は乗ってるな」という焦りや警戒心が生まれたはずです。

 結果的には1戦目の初回の攻撃が大きかったですね。一番・亀井善行選手が四球の後、坂本勇人選手の併殺打で二死になりましたが、その後、三番・丸佳浩選手、四番・岡本和真選手が連続ホームラン。特に丸選手の一発は大きかった。2回にも亀井選手、坂本勇選手の連続タイムリーで3点を奪い、一気に勝負を決めました。移籍1年目の丸選手は、今季、ここぞの場面でよく打ち、打線に厚みが出ました。丸選手が三番にいることで坂本勇選手、岡本選手も相手バッテリーからの重圧が軽減された面はあったと思います。

 ただ、私は今年の優勝の陰のMVPを挙げるとしたら、亀井選手だと思っています。開幕当初、巨人は一番に吉川尚輝選手を置いていましたが、彼の故障離脱後、打線がうまくつながらない時期・・・ 本文:1,110文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:10/29(火) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る