ここから本文です

【QUINTET】4チーム目は「TEAM PARAESTRA」 11.30 秋田大会に修斗世界王者・斎藤裕、本間祐輔、樋口翔己、塩田”GoZo”歩、そして八隅孝平が参戦=11月30日 (土)秋田

10/29(火) 18:44配信

ゴング格闘技

2019年11月30日 (土)秋田市文化会館で行なわれる道衣無しのグラップリング団体戦「QUINTET FIGHT NIGHT 4 in AKITA」に「TEAM PARAESTRA」の参戦が決定。本間祐輔、塩田”GoZo”歩、八隅孝平、斎藤裕、樋口翔己の出場が発表された。

【写真】青木真也とグラップリングスパーする八隅孝平

QUINTET審判委員長を務める中井祐樹パラエストラ東京主宰が、監督として選抜した5名はいずれも実力者ぞろい。日本のブラジリアン柔術の老舗アカデミーが個性的なメンバーを集結させた。

ロータス世田谷(※前身はパラエストラ世田谷ロータス)でいまも青木真也、北岡悟、岩本健汰らとスパーリングを続ける八隅孝平は、ADCC 2009 アジア大会優勝や2015年の「第1回RIZINオープングラップリングトーナメント」75kg以下級優勝など、これまで数々のグラップリング大会で実績を残している。

さらに、アジア柔術選手権黒帯ルースター級優勝や世界柔術選手権準優勝などの実績を持つ本間祐輔(パラエストラ札幌)が参戦。2015年のIBJJF主催「世界ノーギ柔術選手権」ではルースター級でカイオ・テハと決勝を争い準優勝、アジアマスター選手権2018マスター2黒帯同級ではファビオ・ミツカに腕十字を極めて優勝を果たすなど、日本最軽量級の第一人者といえる。

樋口翔己(パラエストラ吉祥寺)は、2018年の全日本柔術選手権茶帯ライト級王者で、全日本ノーギ選手権エキスパートライト級優勝。3月に黒帯昇格を果たしたばかり。

また、2004年ムンジアル茶帯ガロ級準優勝、ワールドマスター2017マスター3優勝のパラエストラ八王子代表の塩田“GoZo”歩が参戦。塩田はアマチュアQUINTETで試し運転も行っており、黒帯ライトフェザー級の平尾悠人、今回「TEAM SAKURABA」で出場のトライフォース所属の鈴木和宏と対戦し、ドローに持ち込んでいる。分け役としても塩田が重量級選手たちとどのように戦うか。

そして、現・修斗世界フェザー級王者でブラジリアン柔術茶帯の斎藤裕(パラエストラ小岩)が「TEAM PARAESTRA」として参戦。日本最強の寝技師から現役修斗世界王者など多彩なメンバーが集結したTEAM PARAESTRA。日本柔術の歴史を築いてきた伝統あるアカデミーのメンツにかけても負けられない選手たちの戦いに注目だ。

なお、TEAM SAKURABAの残り1名のメンバーは調整中。出場4チームのトーナメントの組み合わせなどは決定次第、発表となる。

最終更新:10/29(火) 18:47
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事