ここから本文です

「とくダネ!」来年終了へ 小倉智昭が望む後任、笠井信輔アナ起用ならギャラはいくら?

2019/10/29(火) 6:03配信

文春オンライン

 9月30日からリニューアルスタートした「情報プレゼンター とくダネ!」(フジ系)。曜日ごとに新キャスターが加入した。月曜は俳優の石黒賢(53)、火曜はカズレーザー(35)、水・木曜は社会学者の古市憲寿(34)、そして金曜が元サッカー日本代表の鈴木啓太(38)という布陣だ。

【ランキング】「嫌いな男性アナ」ワースト1~4位を見る

 リニューアル3日前、メインMCを務める小倉智昭(72)は目を潤ませていた。20年間、共に番組を支え、9月末でフジテレビを退社する笠井信輔アナ(56)の最後の出演日だったのだ。

 番組で自由奔放に発言する小倉を、常にフォローしてきたのが笠井だった。

「小倉さんと笠井さんはまさに長年連れ添った夫婦のようでした。阿吽(あうん)の呼吸でうまく立ち回ってくれた笠井さんがいなくなり、伊藤利尋アナや新キャスター陣に小倉さんのフォローができるのかという不安はあります」(番組関係者)

 小倉の胸には感慨以外に、大きな望みも去来しているはず、とフジ関係者が語る。

「実は、フジは来年10月に『とくダネ!』を終了し、新番組を立ち上げる予定。小倉さんはその後番組の司会を笠井さんに、と思っているようなのです」

 笠井が退社後の所属先に選んだのも、他ならぬ小倉の所属する芸能事務所だ。

「管理職としての生活を送るより、テレビの現場に居続けたいと思っていた笠井さんは、2年ほど前から小倉さんに相談。小倉さんは『一度うちの事務所の話を聞いてみる?』と紹介し、スムーズに入所となりました」(他の局関係者)

後継番組に起用なら笠井アナのギャラはいくら?

 後継は信頼する片腕であり、今や事務所の後輩ともなった笠井に……というわけだが、実現の可能性はどのくらいあるのか。

「笠井さんにお願いするなら小倉さんの半額程度のギャラが妥当。でも、局としてはそれより新たに育てた方が話題性があって、ギャラも抑えられる。今回抜擢した石黒さんらに注目しています。石黒さんは初回こそ緊張でガチガチでしたが、関口宏さんのように俳優出身の司会者へ変貌する可能性もある」(同前)

 笠井の所属事務所は、“後継問題”について「(フジから)何も聞いておりませんので何も考えたことがございません。何かを聞いた時に考えると思います」と回答。笠井自身は現在、エンタメ関係者への営業活動に勤しんでいるという。

「〈マネージャーを連れて行くのでご挨拶させてください〉とメールをもらいました。イベントの司会もうまく、すでに雑誌のエンタメコーナーの執筆やバラエティの出演も多数決まっているようです」(映画関係者)

 この上新番組もゲットとなれば、大いに得だね!

「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年10月31日号

最終更新:2019/10/29(火) 8:54
文春オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事