ここから本文です

テレ朝を寿退社した竹内由恵は静岡でじっとしていられるのか

10/29(火) 5:57配信

デイリー新潮

 ブルータスよ、お前もか。テレビ朝日のお偉方はこう叫んだかもしれない。手塩にかけて育てあげた女子アナたちが次々と局を去り、辞めた途端にフリーに転身してしまうのだ。9月末に寿退社したばかりの竹内由恵(33)にもその懸念が消えないようで……。

【写真】竹内由恵、膝上20cmの超ミニスカで美脚を披露

 このところ、テレ朝のアナウンスルームはてんやわんやの騒ぎだった。ある幹部が振り返る。

「3月に『報道ステーション』のサブキャスターだった小川彩佳と、『羽鳥慎一モーニングショー』のアシスタントだった宇賀なつみが同時に退社。そのわずか半年後の9月に竹内も退社ですからね。半年でエース級の女子アナが3人もいなくなってしまいました」

 しかも、竹内は「報ステ」のスポーツ担当に据えてからたった1年での降板。局側のショックも大きかったようで、

「後任を清水俊輔アナで埋めたものの、編成はこれから各番組をどう回していくか頭を抱えています。次期エース候補の弘中綾香も退社予備軍とも噂されていますしね……」(同)

 小川に至っては退社からわずか3カ月後に、報ステの裏番組である「NEWS23」のメインキャスターに就任してしまった。

「宇賀はなんとか他局への流出を食い止めて、フリーとして契約し直して使っていますが。竹内もほとぼりが冷めた頃にはフリーに転身して他局に行ってしまうのではないかとやきもきしています」(同)

 そんな“親の心子知らず”。静岡在住の同学年の医師と入籍した竹内は、退社の挨拶回りでこんな呑気なことを言って回っていたそうだ。

「静岡に越したらパン屋さんでも開こうかと考えているんです」

 それを耳にしたある同僚局員は、思わず眉間にシワを寄せたという。

「内心、“そんなわけないだろ”って思いましたよ。あれだけちやほやされて、わがまま放題やってきた子がパン屋で収まるわけがない。そもそも、あの子の上昇志向の強さは有名でしたから。バラエティ番組しか経験がなかった彼女が、2015年に『スーパーJチャンネル』のメインキャスターに抜擢されたのも、上層部に“報道に行かせてくれないならフリーになる!”と掛け合ったからなんです」

1/2ページ

最終更新:10/29(火) 10:04
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事