ここから本文です

「異質物」東京女子プロレスから生まれた魔法少女・坂崎ユカの恩返し

10/30(水) 18:45配信

Rolling Stone Japan

新日本プロレスやDDTで活躍したケニー・オメガを中心に設立され、WWEのライバルとしても注目されるアメリカの新団体AEW。女子部門にも力を入れており、日本からも多くの著名選手が参戦し海外のファンを魅了している。その中にあって、特に海外のファンを驚かせたニューフェイスが、「魔法少女」の異名を持つ東京女子プロレスの坂崎ユカだ。

写真6点:「異質物」東京女子プロレスから生まれた魔法少女・坂崎ユカの恩返し

小柄な体躯と抜群のボディバランスを活かした、アクロバティックな技の数々は、まさに魔法少女そのもの。男子プロレスのスタイルを基本としている点も含め、従来の女子プロレスラーとは一線を画す異質な存在と6なっている。両国国技館で行われるタイトルマッチを控えた坂崎ユカに、彼女を生み出した東京女子プロレス、そしてDDTに対する想いを語ってもらった。

「男色ドライバー」に魅せられ決意したプロレスラーへの道

─プロレスラーの道を選ぶきっかけとなったのは、「THE夏の魔物(2019年解散)」の前身である「DPG」という音楽ユニットへの参加でした。

坂崎 そうです。元々、お笑い芸人になりたくてスクールに通っていたんですけど、その時の知り合いがDPGを主宰していた成田大致という人とつながっていて。その縁でオーディションを受けて加入したんです。で、そのメンバーにDDTで活躍されているプロレスラーのアントーニオ本多さんや、福田洋(現・トランザム★ヒロシ)さんがいたんですよ。

─現在、東京女子プロレスに所属している辰巳リカ選手も、同じくDPGのメンバーでしたね(当時の芸名はケンドー・リリコ)。それまで、プロレスに興味はあったんですか?

坂崎 いや全然。私の故郷では、プロレスのテレビ中継もなかったですし、女子プロレスラーもアジャ・コングさんや神取忍さんの名前を知っていたくらい。DPGのメンバーだった本多さんや福田さんの試合を観るために、DDTの会場へ足を運んだのが、文字通りプロレス初観戦でした。

─そこで、いきなりプロレスにハマってしまったと。

坂崎 そうですねぇ。特に衝撃を受けたのが、男色ディーノさんの試合。プロレスって聞いて、まずイメージするのって、蹴ったり殴ったり絞ったりとか、そういう“普通の”闘いじゃないですか。でも、ディーノさんは自分のパンツの中に相手の頭を捻じ込んで、そのままマットに叩きつけるという……。

─得意技の「男色ドライバー(変形?のパイルドライバー)」ですね。

坂崎 なんだこれは! って思いますよね。なんというか、イメージしていたのとはまったく異質の闘いが繰り広げられていて。ディーノさんに限らず、DDTのリング上で行われていることすべてが、すごく刺激的だったんですよ。選手だけじゃなく、お客さんも一緒になって会場を盛り上げている様子も楽しくで。自分も、その輪の中に入りたい! と思ってしまったんです。

─ならばファンとして楽しむ選択肢もあったわけですよね? そこで、敢えて選手になりたいと思ったのは何故なんでしょう? 痛かったり辛かったりするのは、明らかなわけですし。

坂崎 うーん。何故なんでしょうねぇ。確かに試合をしている人は痛そうだし辛そうだけど、それもまたキラキラして見えたといいますか。お笑いは、頭が悪くってネタが全然おぼえられないので挫折したんですけど、身体を動かすことには自信があったので、プロレスならできるかも! と思ってしまったのかも。

─それまで、何かスポーツをされていたとか?

坂崎 それが、まったくと言っていいほどないんですよ。学生時代、一応バレー部に所属してましたけど、身体が小さいから特に活躍もしていなかったし。

─それは、かなり意外ですね。デビュー初期から、抜群のボディバランスが印象的だったので、てっきり何かスポーツに打ち込んでいたのかと思っていました。

坂崎 何故だか子どもの頃から運動は得意だったんですよね。スポーツテストも、いつもA判定だったですし。山奥で育ったので、木登りとかしてるうちに、自然と鍛えられたのかも。

1/3ページ

最終更新:10/30(水) 18:45
Rolling Stone Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事