ここから本文です

WBC編5 ビバ・メヒコ!ビバ・ボブ?【大島康徳の負くっか魂!!第128回】

10/31(木) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

韓国に圧倒され……

メキシコ─アメリカ戦で、またもボブ[奥]がやりました。今度はいい“誤審”と言えるのかな?

 10月16日は、僕の誕生日でした。3年前の誕生日の10日後に、大腸ガンで肝臓にも転移があり、このままなら余命1年と宣告されましたが、今は「本当に病気なんですか」と驚かれる方もいるくらい普通に生活しています。本当にありがたいことです。家族をはじめ、僕の生き方、病気や治療に対する考え方を理解し、支えてくださるすべての皆さまに、あらためて感謝したいと思います。

 これからも「病気にはなったけど、病人にはならない」の精神で歩んでいきたいと思います。

 そういえば、小林麻央さんがブログで“「まだ生きてるの?」と言われてみたい”と仰っていました。

 すごい言葉ですよね。さすが麻央さんです。僕も「病気詐欺じゃないの?」と言われるくらい、普通に生きていきたいと思っています。

 では、2006年、第1回WBC編第5弾です。前回はアナハイムでのアメリカ戦で、球審ボブ・デービッドソンの誤審(言い切ってしまいます)もあって負けてしまったところまででした。

 その後、メキシコには勝ちましたが、東京ラウンドに続き、韓国戦にまたも負けてしまった。最初が2対3で、このときが1対2です。韓国のバッターは、それほど怖いわけではなかったんですが、とにかく打てなかった。個々の力は日本が上だったと思いますが、国際大会になると、韓国の選手は・・・ 本文:2,191文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:10/31(木) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る

Yahoo!ニュースからのお知らせ