ここから本文です

山崎まさよし、共演者から“盗む”としたら「滝藤(賢一)さんの髪形を盗みたいです」

11/1(金) 5:30配信

ザテレビジョン

山崎まさよしが、10月31日に東京都内で行われた映画「影踏み」(11月8日[金]群馬先行公開、11月15日[金]全国公開)に登場。共演の尾野真千子、北村匠海、中村ゆり、滝藤賢一、鶴見辰吾、大竹しのぶ、そして篠原哲雄監督と共にトークを展開した。

【写真を見る】山崎まさよしが盗みたいという滝藤賢一のヘアスタイル…その他豪華キャストのソロショットも

本映画は、「64 ロクヨン」や「クライマーズ・ハイ」などで知られる作家・横山秀夫の同名ミステリー小説が原作。

深夜に人のいる住宅に侵入し盗みを働く泥棒“ノビ師”で、“ノビカベ”とあだ名されるすご腕の泥棒・真壁修一(山崎)が、ある住宅に侵入したことをきっかけに、逆に事件に巻き込まれていく姿を描く。

■ キャスト陣の「共演者の中から盗みたいもの」は?

舞台あいさつでは、作品にちなんで「共演者の中から盗みたいもの」についてもトークが展開。

まず鶴見が「私は数々共演しているんですけど、大竹さんの演技に対する追求力や情熱、そういったものを盗みたい。大竹さんの心を盗みたいです」と語ると、大竹は照れながら「どうぞ(笑)」と返答。

そんな大竹は「えー難しいですね。じゃあ、匠海くんの若さを(笑)」と言い、北村は先ほどの大竹のまねをする格好で「どうぞ!(笑)」とささげる。

そして北村はというと「僕はまさよしさんの歌声ですかね。こないだ『Augusta Camp 2019』に呼んでいただいて歌わせていただいたんですけど、(山崎の歌声が)ものすごくがしびれるものがあって感動しました。真横で一番いいところで聞かせてもらったので、歌声を欲しいですね」と力説。

これに、山崎は「どうぞ!」とこちらもかぶせ、続けて「北村くんは、堂々としていて。本人は緊張していたかもしれないんですけど、出てきたときの歓声がすごかったんですよ。オーガスタではみんな受けたことがないような歓声を(笑)」とちょっぴり嫉妬心ものぞかせつつ、ほほ笑んでいた。

そして尾野は「私も歌手ではないですけど、歌うのはとても好きなのでこの(山崎の)素晴らしい歌声。まさよしさまの歌声を盗みたいなと」と言えば、山崎は「『この』って…」と苦笑い。

さらに中村は「私は(尾野)真千子ちゃんの、会う人会う人をリラックスさせる雰囲気。こっちの緊張感を解いてくれるような朗らかさがあるので、自分もそうなれたらなって思う」と笑顔で宣言。

一方、滝藤は「僕は中村さんの色気。セクシーな。この映画でもそうでしたけど、欲しいです」と言えば、中村は「いえいえ、(滝藤も)色っぽいですよ」と隣同士で見詰め合い、滝藤は「ありがとう」とダンディーな声で返した。

そんな中、いよいよ“主役”の番に。山崎は「僕は今日思ったんですけど、滝藤さんの髪形を盗みたいです。僕もすごい“天パ”なんですよ。梅雨の時期は長いと滝藤さんみたいにいきますけど、タッパ(身長)がない分、ブロッコリーになる。身長も盗みたいですよね……どうもすいませんでした」と微妙な空気を察したのか謝罪し、滝藤から「どうぞ!」とフォロー気味に言われていた。

■ ファンへのメッセージ!

最後に、山崎はファンに向けて「私事で恐縮なんですけど25周年目に入りまして、アニバーサリーの時に映画のお仕事をやらせてもらうことってこれまでもあったんですが、今回はこんなに素晴らしいキャストの皆さんと、こんなに素晴らしい映画をシノさんに作ってもらって…。劇伴の方もやらせていただきました。

映画に沿ったいい主題歌も書けたような気はします。やり過ぎ感はあるかもしれないかもしれないんですけど、いい仕事、いい作品と関われたことを光栄に思っておりますし、皆さん楽しんでください」とアピールした。

(ザテレビジョン)

最終更新:11/1(金) 5:30
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事