ここから本文です

首位発進コストルナヤの採点は厳しかった? 米記者も驚き「まだ信じられない」

11/2(土) 18:03配信

THE ANSWER

ザギトワらを抑えて首位発進も3回転アクセルは回転不足の判定

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦フランス杯は1日、女子ショートプログラム(SP)でシニアGPデビューとなった16歳アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が76.55点で首位に立ち、74.24点だった平昌五輪女王のアリーナ・ザギトワ(ロシア)を2位に抑えた。国際スケート連盟(ISU)は冒頭で3回転アクセルを着氷させた瞬間を動画付きで公開し、反響が集まっていたが、一部の海外メディアからは厳しい採点について驚きの声が上がっている。

【動画】これが回転不足? ファンからは「どこが?」「謎」「不当」の声も…コストルナヤが着氷させた3回転アクセルの実際のシーン

 演技自体は圧巻だった。コストルナヤは冒頭で3回転アクセルを綺麗に降りたように見えたが、これは回転不足の判定。それでも、後半にフリップ―トウループの連続3回転を決め、ステップ、スピンはともに抜群の完成度を披露した。得点は76.55点。シニアのGPデビューした16歳としてはもちろん高得点ではあるが、演技構成からすれば、もう少し伸びても良かった印象だ。

 米名物記者のジャッキー・ウォン氏は自身のツイッターで、演技構成とともに技術点(TES)が42.98点、演技構成点(PCS)が33.57点だったと速報。その上で「技術点は5点減点。演技構成点は?」とTESが速報値から減点されたことに触れた。しばらく経ち、「アリョーナ・コストルナヤのSP得点がまだ信じられない」ともつぶやき、厳しめの採点に驚きを隠せないようだ。

 それでも、演技自体はザギトラら、先輩選手を上回る得点も納得のもの。フリーではさらに圧倒的なパフォーマンスで観る者を魅了できるか。

THE ANSWER編集部

最終更新:11/2(土) 18:03
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事