ここから本文です

嵐、SNS解禁やシングル配信でTwitterを席巻 ファンの反応「情報過多」までトレンド入り

11/3(日) 14:08配信

KAI-YOU.net

ジャニーズ事務所のアイドルグループ・嵐が、デビュー20周年記念日である11月3日11時に各SNSを一斉解禁。あわせて、初のデジタルシングル「Turning Up」をリリースし、シングル表題曲含めた全65曲のダウンロードおよびストリーミング配信もスタートさせる。

【画像】嵐が世界へ「こんにちは」

加えて11月末に竣工する新国立競技場で、2020年5月15日・16日にコンサートを開催。改修工事が始まるまで、2008年から毎年コンサートを開催していた場所で、単独アーティスト初となる公演を行う。

12月25日には、2018年から開催中の「ARASHI Anniversary Tour 5×20」が終了。それに伴い同日、ツアー最終日1日限定のライブビューイングも決定。12月25日18時から全国のTOHOシネマズを中心に328館、520スクリーンで上映する。

これらは3日、都内で開催された記者会見で発表。当日の模様はYouTubeでも配信され、配信直後からインターネット上の話題を独占。Twitterでは関連ワードが次々とトレンド入りするとともに、あまりの情報の多さに戸惑うファンの「情報過多」といった反応までトレンド入りを果たしている。

嵐の主な発表内容

・SNS(Twitter、Facebook、Instagram、Weibo、TikTok)解禁
・デジタルシングル「Turning Up」配信
・「Turning Up」のMVを11月3日21時にYouTubeプレミア公開
・11月3日19時に全シングル65曲をダウンロード/ストリーミング解禁
・2020年5月15日・16日に新国立競技場で単独コンサート
・開催中の「ARASHI Anniversary Tour 5×20」最終日をライブビューイング
・2020年春に北京でコンサート開催
・11月にジャカルタ、シンガポール、バンコク、台北へ5人が専用ジェットで訪れる「JET STORM」を実施

1/2ページ

最終更新:11/3(日) 14:08
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事