ここから本文です

兵庫県警を懲戒処分「美人巡査長27歳」の5つ星プレイ

11/3(日) 6:32配信

SmartFLASH

「お互い全裸で、お風呂で体を洗ってもらっているとき、妙に丁寧な敬語で話しかけてくるので、すごく興奮したのを覚えています。まさか女性警官だったとは……」

 兵庫県警・鉄道警察隊の女性巡査長(27)が風俗店で働いていたというニュースが、世間を騒がせた。冒頭のコメントは、件のホテヘル巡査長とプレイした経験のある、地方紙記者の筧さん(42・仮名)のコメントだ。

 筧さんの体験談を聞く前に、この騒動を簡単におさらいしておこう。

 女性警官の “副業” は、9月に兵庫県警に寄せられた情報提供から発覚。監察官室の調査結果に対し、本人も副業を認めたことで、10月18日に停職1カ月の懲戒処分を受け、同日、依願退職した。

 しかも彼女は、9月にJR相生駅(兵庫県)のトイレに拳銃を置き忘れるという、大失態まで犯していたのだ。警官としての勤務ぶりはどうだったのか?

「落とし物の処理など、地味な仕事もしっかりやっていて、性格は明るかった。先輩警官に、馴れ馴れしいタメ口を使うなど、いまどきの若いコ風で。

 巡査長だと、年収は450万円くらい。同世代の女性のなかでは高いほう。おかげで『兵庫はあかんな。風俗のバイトなんかして』と、他県警から、からかわれっぱなしや」(兵庫県警関係者)

 彼女が働いていた風俗店は、大阪・日本橋にある、学生服や体操服、スクール水着などの “制服” コスプレが売りの派遣型風俗だった。

「遊んだのは6月下旬。大阪出張の予定があったので、それに合わせて事前に予約しました。新人が好きなので、お店のホームページで “新人” と謳われていた彼女を指名したんです。

『21歳、Dカップ』と記載されていたけど、実際に会うと、年はもう少し上の印象でした。でも、かわいいし、胸もきれいで、内心ガッツポーズでしたね」(前出の筧さん)

 気になる “仕事ぶり” はどうだったのか?

「キスから始まり、どれも一生懸命で好感が持てました。印象的だったのは乳首への奉仕。ねっとり舐めていたかと思ったら、いきなり強めに噛んできたんです。思わず悶絶しました(笑)。指名料など合わせて、総額2万円。大満足の5つ星でしたよ!」(同前)

 筧さんが、「昼も仕事してるの?」と聞くと、「建築関係の会社で事務をしています」と答えたという。

「報道後、彼女が例の女性警官だったとすぐにわかりました。事前に知っていれば……」(筧さん)

 彼女が勤めていたエリアの風俗店関係者に話を聞いた。

「あそこは、地元の有名店。この件で話題になったせいで、店の人気嬢たちが身バレを気にして、次々と辞めている。一方、残ったコには、客が殺到しているみたいや」

 彼女自身は「兵庫県内ではバレる」と考えて、大阪で働いていたようだが、風俗勤務そのものがバレたときのことは考えなかったのだろうか。

 いっそ、これを機に本格的に転身して、本誌でグラビアを飾ってみませんか?


(週刊FLASH 2019年11月12日号)

最終更新:12/10(火) 14:27
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事