ここから本文です

【ボクシング】第76回東日本新人王決勝 鮮烈TKOの亀田京之介がMVP獲得

11/3(日) 23:42配信

ベースボール・マガジン社WEB

 第76回東日本新人王決勝が3日、東京・後楽園ホールで行われ、 ミニマム級からミドル級まで 11階級で優勝が争われた(ライト級は不戦)。最優秀選手賞はフェザー級の亀田京之介(協栄)、技能賞はミニマム級の森且貴(大橋)、敢闘賞はスーパーライト級の本多航大(川崎新田)が獲得した。10日に西軍代表決定戦が行われ、東西の新人王は12月22日、全日本新人王決定戦で激突する。

★ミニマム級決勝4回戦
森  且貴(大橋)
【判定3ー0:40対36×3】
縄井  愁(ワタナベ)

 デビュー戦のリベンジを期して力強く迫る縄井を、森はジャブで突き放し、右ストレートを打ち込む。縄井も食い下がり打撃戦になるが、接近戦でも森のコンビネーションが上回る。高い技術を披露してフルマークの勝利を得た森は、技能賞に輝いた。

★ライトフライ級決勝5回戦
安藤 教祐(KG大和)
【判定3ー0:48対46×3】
高根 秀寿(角海老宝石)

 フットワーカー安藤が大きくリングを回りながら右をカウンター。2回にはロープを背にこのパンチでダウンも奪うが、ここでKOを逃すと終盤失速。足が止まった安藤を高根は左右フックで激しく追ったが、安藤は打ち返して逃げ切った。

★フライ級決勝5回戦
臼井 春樹(八王子中屋)
【判定3ー0:50対45×3】
具志堅広大(竹原慎二&畑山隆則)

 身長で16センチ上回る臼井がジャブ、打ち下ろしの右で具志堅の接近を阻む。右で飛びこむ隙をうかがう具志堅だが、2回には左目下を腫らし、4、5回は臼井の連打にさらされ、立っているのがやっとだった。

★スーパーフライ級決勝5回戦
目黒 聖也(セレス)
【判定3ー0:48対47×2、49対46】
入稲福 敬(ドリーム)

 サウスポーの目黒が開始早々から速いワンツーで圧倒したが、入稲福も2回からプレスを強め、荒々しいボディ連打で追い回す。押され気味の目黒は4回、逆に左ボディを連発して入稲福の動きを止め、傾きかけた試合の流れを堰き止めた。

1/2ページ

最終更新:11/3(日) 23:42
ベースボール・マガジン社WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事