ここから本文です

【ラグビーW杯】イングランド、失意の直後に 協会が日本への感謝示す「素晴らしいホスト国です」

11/3(日) 13:03配信

THE ANSWER

南アの前にノートライで完敗、失意の中でも日本のサポートには感銘

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、横浜国際総合競技場で決勝が行われ、世界ランク1位のイングランドは同3位の南アフリカに12-32で完敗。2003年大会以来、2度目の優勝はならなかった。失意の準Vとなったが、イングランド協会は公式ツイッターに日本への感謝をつづっている。

【動画】「THANK YOU JAPAN」の動画が190万再生! 失意の準Vもイングランド協会が日本に感謝を示した実際の投稿

 4大会ぶりの優勝を目指したイングランド。戦前は有利と目されていたが、ふたを開けてみれば南アの鉄壁のディフェンスの前にノートライに終わった。

 頂点には立てなかったが、イングランド協会は「日本に感謝します、あなた方は素晴らしいホスト国です。私たちはその結果にショックを受けたが、支援は驚くべきものだった」とツイート。日本のサポートに感謝をつづっている。

 前大会で日本代表を率いたエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)が指揮官を務め、決勝でも南アよりも大きな声援を送られ続けたイングランド。母国に優勝カップを持ち帰ることはできなかったが、日本で受けた歓待は心に残るものとなったようだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:11/5(火) 4:43
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事