ここから本文です

「人生にときめかない50男」に欠けた心の断捨離

11/3(日) 6:10配信

東洋経済オンライン

人生の「2周目」とも言える、50歳以降の人生を楽しく生きる人と、退屈に生きる人の違いは、「心の荷台」の違いにあると明治大学教授の齋藤孝氏は言います。
心の荷台を嫌な記憶や心配事で占めてしまうと、つねに何かにおびえたような気持ちで、人生を前向きに過ごすことができません。そうならないための、「心の断捨離術」について解説します。
 50歳以上の人を見ると、新鮮さに欠け、老けた感じのする人と、逆に50代になって生き生き元気な人に、極端に分かれるような気がします。仕事では部下をまとめていく立場であり、家庭ではすでに子どもも手を離れつつある。そんな立場ですから、ある程度老成していて当たり前。ところがすっかり世慣れてしまい、ときめきを失ってしまう。まったく何事にも心を動かさない人がいます。

なぜ50男はウツになる?

 そういう人の顔を見ると、能面のように表情が硬直しています。生き生きした感情の動きが見られない。そんな人物を、同窓会などで時折目にするのではないでしょうか?  そういう人は、人生の2周目を楽しむことは難しいでしょう。心も表情も、そして身体も硬直してしまっている。そんな残念な50代、60代も少なくないのです。

 どうしてそのように「固く」なってしまうのでしょうか?  私は1つの原因は、自分で人生を「重くしている」からではないかと考えています。

■50代は「心の荷物」を軽くする年

 つまり「心の荷台」に荷物をたくさん積んでいる状態。自分で積み込みすぎて重くしているのです。要するに心配事がたくさんあるということ。何でもかんでも詰め込みすぎて、自分で重くしてしまっているのです。

 まずは「心の荷台」を軽くしましょう。たくさんある荷物のうち、本当に必要なものだけを選び出し、そのほかの荷物は捨てるのです。そのために1度、荷台の荷物をガサッと全部おろしてしまいましょう。おそらくその中には、トラウマのようなものも含めて過去のさまざまな体験や記憶、こだわりや執着からくるガラクタのような荷物がたくさんあるはずです。

1/4ページ

最終更新:11/3(日) 6:10
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事