ここから本文です

「見返したろと思って。マジで」本田圭佑が投稿した動画が大反響!東京五輪への熱い思いを語る!

11/4(月) 19:30配信

SOCCER DIGEST Web

「東京オリンピック2020でプレーしたい」

 元日本代表の本田圭佑が自身のSNSを更新し、東京五輪への想いを語った動画に「信じる道を突き進め」と英語で綴ったメッセージを添えて投稿した。

【動画】英語で五輪への想いを語る本田圭佑はこちら!

 約1分程の動画では、本田が英語で「ご存知のように、私は東京オリンピック2020でプレーしたい」、「だから、競争力の高いリーグでプレーする必要がある」、「来年の五輪に向けて良い準備をするために」、「それが僕のビジョンです」、「今はオファーを待っている状況です」と語り、ピッチやジムでトレーニングする姿が映し出された。

「シーズンはとても長い。選手たちのコンディションは時に浮き沈みがあることを経験上、知っている。五輪のメンバーがどのように選ばれてきたかも知っている」

 最後に「見返したろと思って。マジで。全員、何回オレに見返されたら気が済むんかわかってないみたいやから」と日本語で語るシーンも公開され、改めて「My target is to play Olynpic」と締めくくられた。

 汗を流しながら、“アツ”く語る本田の姿が映し出された動画に、ファンも反応。以下のようなコメントが寄せられた。
 

「思いを叶えて下さい」
「ギラつく本田圭佑選手、最高にカッコいい~」
「東京五輪に繋がる本田選手が選ぶ道‼️全力で応援します」
「本田頑張れ。良いチームに巡り合えますように…」
「いつも前向きな所尊敬します」
「やってやりましょう」
「ネガティブな事を言ってる時間なんてあるわけがない。いつも前向きにチャレンジ。素晴らしい人生」
「マジでオリンピック行ってください」
「東京五輪への想い、圭佑さんの突き進む道楽しみに応援していきます!」

 今年6月にオーストラリアのメルボルン・ヴィクトリー退団後、フリーの立場が続いていた本田だが、現在はオランダ1部のフィテッセの練習に参加している。

 フィテッセを率いるレオニード・スルツキ監督は、本田のCSKAモスクワ時代の恩師であり、「我々は彼に興味がある。数日中にケイスケの考えがクリアになることを望んでいる」と獲得に前向きだ。

 日本サッカー界のカリスマは、どんな決断を下すのか。今後の動向から目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:11/4(月) 19:31
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事