ここから本文です

驚異の43歳!美容界の新星Atsushiが語る「今が一番若い」と言わせる健康法

11/4(月) 6:30配信

ザテレビジョン

ファッション&ライフスタイル プロデューサーのAtsushi(43)が、美容業界の枠を超えてじわり注目を集めている。これまで宝島社から発売された「3日で2kgやせる魔法のスープ」シリーズは3冊で累計約11万部に。この夏、そしてこの秋にも、情報番組「スッキリ!」の美容コーナーにも生出演し、得意のスープでスタジオ、そしてお茶の間にも名前を印象付けた。8月リリースの最新作「モデルがみんな知りたがる 美しくなる食べ方の全知識101」では、これまでのレシピ提案とは趣向を変え、基本となる“美しくなる食べ方”や“食べ物の選び方”を指南。「どうせ同じ回数ご飯を食べるなら健康に、綺麗になりたいじゃないですか」と話すAtsushiに、最新刊の見どころをはじめ、43歳とは思えない若々しい見た目をキープする美容法まで聞いた。

【写真を見る】43歳にして「今が一番若いと言われる」と語るAtsushi

ディーゼル、D&G、ヴェルサーチのPRを経て、フリーランスとして独立したAtsushiは、オーストラリアで習得した英語力、豊かな海外経験を活かし、ファッション業界で活躍。現在は数多くのプロデュースアイテムを発表するほか、ナチュラルスキンケアブランド「abotanical」を展開。 一方で、「Marisolオンライン」の8年間にわたるレシピ連載を機に、様々な女性誌でヘルシーレシピが特集されるように。 2012年、ジュニア野菜ソムリエ、タイにてタイ古式マッサージ資格、2016年に漢方養生指導士 初級取得、野菜ソムリエ中級の試験に合格し、野菜ソムリエプロに。氏の「ファッション&ライフスタイル プロデューサー」の肩書きは、この多様な経歴によるものだ。

■ 自ら実践して効果を感じた知識のみを掲載

最新作「モデルがみんな知りたがる 美しくなる食べ方の全知識101」は、そんなAtsushiがこれまで学んだ知識を自ら実践し、経験し、効果を感じたことだけを綴った“美しくなる食べ方”をまとめた1冊だ。

「今回、〆切ギリギリまで徹底的に書き直しました。コンセプトは、何を食べて、何を食べないかを知ることで、体の内側から健康に、そして美肌に美髪に、アンチエイジングを実現しようという本です。食事を変えれば生活が整い、顔や体が整い、心が整う。お金をかけずに、身近な食材を使ってできることばかりなので、この本を読んで普段の生活に取り入れていただけると嬉しいです」

ファッションブランドのPRとして活躍していた20代後半の頃は、暴飲暴食で吹き出物やむくみに悩まされ、体調を崩すことも多かったというAtsushi。そんな彼を変えたのが今回のテーマである「食事」。同著には、まさにAtsushi自らが実践し、効果があった知識や方法だけが採用されている。

「自分自身、食に関しては成功と失敗を繰り返してきたので、実践し効果があった事だけどを載せています。だから、みんなやろうよ!みたいな(笑)。僕自身、元々健康だった訳ではなく、食を変えたことでガラッと生活が変わりました。例えば、朝は必ずレモンウォーターを飲んでいるのですが、前の晩にレモン一個を輪切りにしてレモンウォーターを作っておく…そんなルーティンがあるだけでも、毎日の生活が変わりますよね」

今回の本を書くにあたり、これまでの膨大な知識を自分の中で刷り直し、改めて実践したことも。中でも、緑茶の効果には自身も目を見張ったとか。

「元々すごく食べますし、すごく太りやすい体質。だから今、“太らない食べ方”を実践しています。この10年ぐらい、白米と相性が悪くて、食べると太ってしまうので避けていました。でも、本を書くときに知識を刷り直して、緑茶と一緒に食べたら体重が増えなかったんです。緑茶に含まれるカテキンは強力な抗酸化成分で、活性酸素を除去する働きがあるので、老化予防や生活習慣病の予防、また熱に強いビタミンCも豊富なので風邪予防や美肌効果も期待できます。また嬉しいことに血糖値を上げにくくするんですね。和菓子と一緒に抹茶を飲むじゃないですか。あれも同じ。糖質が高いものを食べても、緑茶を一緒に飲むことで血糖値を上げずに、太りにくくなる。緑茶の素晴らしさを改めて実感しましたね」

Atsushiが提唱するのは、巷にあふれるダイエット本とは一線を画する。食事を我慢することを頑張る、ではなく、太らない食べ方や知識を持つことが大切だと言う。

「ダイエット本のように我慢するのではなく、食べても良いけど、太りにくくなる食べ方を知ることが大切なんです。例えば、お酒を飲んでもいいんだけど、飲むんだったら腸内環境整えて、血糖値が上がりにくいポリフェノールが入った白ワインにしよう、とか。いかに楽しく食べるんだけど、食べ方をどう変えるかが重要なんです」

■ 美しさと若々しさは健康である事からの「贈り物」

「最高の贅沢は健康、そして健康のご褒美が美しさと若々しさ」と語るAtsushi。「美容は健康な食生活の上にしか成り立たない」というのがAtsushiの考えだ。

「健康のおまけ、ご褒美として美容がついてくるんです。30歳までは食事に気をつけなくても変わらないんですが、30歳からが分かれ道。食事をしっかりしないと病気になりやすい。そして、マインドにも影響してくる。例えば、通称ハッピーホルモンと呼ばれるセロトニンは9割が腸で作られるんですが、便秘気味の人はセロトニンが作られにくく気持ちがネガティブに。でも、腸が健康で綺麗だと肌ツヤが良くなって、ハッピーにもなるんです。どうせ同じ回数ご飯を食べるなら健康になって綺麗になりたいじゃないですか」

ストイックな食生活はもちろん重要だが、それも結局のところ続かなければ意味がない。ズボラを自称するAtsushiの「僕でも実践できた」という言葉は、ダイエットにこれまで挫折してきた人たちにもきっと響く事だろう。

「僕自身、7割ストイック、3割ズボラ。家にいてもソファに座って一歩も動かない日もありますよ。どか食いしてもいいんですよ、翌日調整すれば。我慢することって続かないんですよね。我慢をせずに、無理をせずに、自分の生活に取り入れルことができれば続くんですよ。そして続けば続くほど、効果が出てくる。そんなズボラな僕でも実践できた事をこの本にまとめてあります(笑)」

同誌には、スーパーで売っている手軽な食材から始められる美容法、健康法も満載。30-40代の働き盛り世代がまず実践するなら、トマトジュースがオススメだという。

「トマトジュースって生のトマトより栄養価が高いって知ってました? 意外ですよね? トマトの赤色は抗酸化成分のリコピンなんです。通常のトマトは少し青い状態で出荷して輸送中に赤くなっていくのですが、トマトジュースは完熟したトマトを使うのでリコピンが豊富で栄養価が高いんです。日焼け、寝不足、疲労、喫煙、ストレスなどで発生する老化の元凶である活性酸素の除去に効果があって、便秘にもならない! トマト最高(笑)」

■ Atsushiの今後の活動とは

現在43歳。最近では年齢を明かすと驚かれることが増えたと笑顔を見せる。ちなみに食事以外で気をつけている事は「睡眠」と「運動」。

「43才になって今が一番若いって言われます(笑)。食事以外だとよく寝てますね。寝ないと細胞って修復されないんですよ。日中、傷ついた細胞が寝ている間に修復されるので、5分でも寝ることが大事。僕はいつも7時間ぐらい寝るようにしています。お昼寝もできればしています。運動も筋トレを週2回。筋トレしている方って見た目が若い人多くないですか? 実は、筋肉に負荷をかけると成長ホルモンがたくさん放出され、細胞が活性化するんです。筋トレは最高のアンチエイジングですね」

書籍の重版、メディアへの複数出演など、美容界の枠を超えて注目を集め出したAtsushi。43歳、遅咲きの美容界の新星は、今後どんな展開を見せてくれるのか。

「基本、リサーチ魔でお節介な性格なので、海外の新しい情報などをどんどん取り入れて、自分で試して、自分のフィルターを通して本やイベントで発信していければと思っています。今、スープの商品化にも動いていて、来年2月にはプロデュースしている洋服のレディースブランドのテレビショピングデビューも。食べても良い、塗っても良い、本当に自分で良いと思ったものを、自分のフィルターを通して世に送り出していきたいですね」(ザテレビジョン)

最終更新:11/4(月) 6:30
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事