ここから本文です

西武・辻発彦監督は歴代でも最強と言える見事な打線を組み上げた【張本勲の喝!!】

11/5(火) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

息が抜けない強力な寸胴型打線

辻監督の手腕が西武の最強打線を作り上げた

 日本シリーズではソフトバンクが巨人を4連勝で下して日本一となった。巨人の戦いについては別の機会であらためて書くとしよう。クライマックスシリーズ(CS)、日本シリーズと10連勝して頂点に立ったソフトバンクは、パ・リーグで2位だったが、もともと総合的には力のあるチームだ。レギュラーシーズンでは柳田悠岐や中村晃などケガ人が続出したことで打線の迫力が失われていたが、CSを前にケガ人が戻り、戦力が整ったことが大きかった。

 CSでは敗れたものの、そのソフトバンクを最後に追い抜き、リーグ連覇を果たした西武の強さは本物だった。開幕前にバッターでは浅村栄斗(楽天)、ピッチャーは菊池雄星(マリナーズ)という投打の主力が抜けている。それでも昨年以上の打線を作り上げ、リーグを制した辻発彦監督には“あっぱれ”をやりたい。

 誰が見ても今年の西武のウリは打線だ。80年以上の日本プロ野球の歴史の中でも、トップクラスの打線ではないか。同じ強力打線でも、巨人は二番、三番、四番が飛び抜けているが下位になるとしぼんでいく尻すぼみの打線だが、西武は・・・ 本文:2,647文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:11/5(火) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る