ここから本文です

大西将太郎が選ぶW杯ベスト15!「MVPは南アのコルビ!堀江のスキルは別格、姫野や松島は世界に名を売った」

11/6(水) 17:01配信

THE DIGEST

 南アフリカの優勝で幕を閉じたラグビーワールドカップ。数々の熱戦が繰り広げられた今大会は、我らが日本代表も躍進し、初のベスト8進出という新たな歴史の扉を開いた。その魂のこもったプレーに魅了されたファンも多かったことだろう。では、今大会で最も輝いた15人は誰だったのか。元日本代表の大西将太郎氏に大会ベスト15を選出してもらった。

【PHOTO】女性ファン必見!ラグビーW杯のイケメン&マッチョ選手を厳選!日本からは最多の8名をセレクト

【1/プロップ】
マコ・ヴニポラ(イングランド)
 スクラムの圧倒的な強さに加え、相手の厳しいディフェンスを受けるなかでもボールキャリアーとしてもしっかり前に出られる。パワフルなプレーは圧巻でした。

【2/フッカー】
堀江翔太(日本)
 第1列のなかでも一番タックルに行っていましたし、チームのなかでのワークレートも一番高かったと思います。彼のトータルのスキルが生きていました。フロントローだけれども、スクラムやラインアウトなどの厳しいフォワード戦以外の部分もこなしてしまう別格の存在感でした。
 
【3/プロップ】
ヴィンセント・コッホ(南アフリカ)
 スクラムの強さが目立ちましたね。決勝も彼の働きで流れが変わった印象です。スタメンでもおかしくない実力を持ちながら、ベンチから出てくる時間帯にさらなるエナジーをチームに与えていました。こんな選手が疲れてきた時間帯に入ってくるんですから、対戦相手としては本当に厄介だったでしょう。

【4/ロック】
マロ・イトジェ(イングランド)
 スマートでありながらハードワークもできる。そして天性のフィジカルとキャプテンシーも兼ね備える。イングランドの至宝となるであろう選手です。決勝敗退の悔しさが成長を促し、次の大会ではさらにグレードアップしたプレーを見せてくれそうです。

【5/ロック】
アラン・ウィン・ジョーンズ(ウェールズ)
 4回目のワールドカップでありながら、まったく衰えないハードワーク、献身的なプレー、そして代表キャプテンとしてのリーダーシップ。派手なプレーはしませんが、すべての試合で献身的で計算できる選手でした。

1/3ページ

最終更新:11/6(水) 19:30
THE DIGEST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事