ここから本文です

幾原邦彦のアニメが舞台化『さらざんまい』第1弾キービジュアル 河童になる前の元気な姿

11/6(水) 17:22配信

KAI-YOU.net

アニメーション監督・幾原邦彦さんの最新作として4月に放送された『さらざんまい』が舞台化。11月28日(木)より舞台『さらに「さらざんまい」~愛と欲望のステージ~』として上演される。

【画像】カッパになる前のキャストたち

第1弾のキービジュアルが公開され、浅草を舞台に人力車でポーズを決める矢逆一稀、久慈悠、陣内燕太の主人公チームの姿が明かされた。

人間の「つながり」と「欲望」を巡る意欲作

『さらざんまい』は4月から6月にかけてフジテレビ「ノイタミナ」枠ほかにて放送されたオリジナルTVアニメーション。

人間の「つながり」と「欲望」を巡る物語を、独自の世界観と斬新な映像表現によって描き、『少女革命ウテナ』『輪るピングドラム』『ユリ熊嵐』といった意欲作を手がけた幾原邦彦さんの最新作としても大きな注目を集めた。

舞台版キャストは、矢逆一稀役に舞台「刀剣乱舞」シリーズ等に出演し、ミュージカル「アルスラーン戦記」では主演をつとめる木津つばささん。

久慈悠役には「アイ★チュウ the STAGE」や舞台「刀剣乱舞」シリーズに出演の設楽銀河さん、陣内燕太役にMANKAI STAGE「A3!」シリーズに出演の野口準さんが抜擢。

なお、謎の生命体「ケッピ」によってカッパにされた後のビジュアルはまだ公開されていない。

吾妻サラ役にはTVアニメでも同役の声優をつとめる帝子さん、新星玲央役にミュージカル『テニスの王子様』やMANKAI STAGE「A3!」シリーズに出演の中村太郎さん、阿久津真武役にミュージカル『スタミュ』シリーズに出演の高本学さんが決定。

脚本演出には「おそ松さん on STAGE」シリーズやミュージカル「アルスラーン戦記」、舞台「この音とまれ!」など2.5次元舞台作品を多く手掛ける伊勢直弘さんが担当するほか、幾原邦彦さんが舞台版ではスーパーバイザーをつとめる。

学生時代には、寺山修司さん率いる伝説的な前衛演劇集団・天井桟敷に傾倒していたことで知られる幾原邦彦さん。どのような演出がなされるのか、注目だ。

米村智水

最終更新:11/6(水) 17:22
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事