ここから本文です

【Bellator】キング・モーが地元オクラホマで引退試合

11/6(水) 12:44配信

ゴング格闘技

キング・モーことモハメド・ラワル(38)が11月8日(日本時間9日)の「Bellator 233: Salter vs. van Steenis」で、引退試合に臨むことが6日、正式発表された。

【写真】2015年の年末のヘビー級トーナメントでは3試合で勝利し優勝を果たしたモー

引退の場は、米国オクラホマ州ラブ郡タッカービル。テネシー出身のモーだが、高校2年からレスリングを始め、1999年にオクラホマ州高校王者に。セントラル・オクラホマ大学に入学すると、4年時にはオクラホマ州立大学に転学し、レスリングで実績を重ね、2005年には米国ナショナルチーム入り。2008年6月、北京オリンピック米国代表選考会のフリースタイル84kg級の決勝で敗れ代表入りを逃したモーは、本格的に総合格闘技に転向。同年9月28日、日本の「戦極~第五陣~」でMMAデビューを果たしている。

当初、MMAデビューした日本での引退試合を望んでいたモーだが、最終的にレスリング時代のハイライトを過ごし、地元でもあるオクラホマでの引退を決めたという。

2019年4月の『RIZIN.15』横浜アリーナ大会でイリー・プロハースカ(チェコ)と初代RIZINライトヘビー級王者決定戦に臨んだモーは、試合を有利に進めながらも3R3分02秒、プロハースカの連打にTKO負け。2015年12月31日以来の再戦で敗れ、王座戴冠を逃していた。

試合後、コメントブースに現れたモーは「50試合(21勝9敗1NC)を目標にしていたんだけどね。この日本の戦極でキャリアをスタートした。左ヒザも傷め、股関節にも金属が入っているし、腰も傷めている。最後は同じ日本のRIZINでキャリアを終えたい。できれば大晦日に試合ができれば。ファンを楽しませる試合をして、勝って有終の美を飾りたい」と語っていた。

RIZINによれば、12月29日のBellatorとの対抗戦、あるいは大晦日にモーの引退試合を企画していたが、自身が2度、Bellatorで戦っているタッカービル大会が決まったことで、地元での引退試合で送り出すことになったという。

得意のレスリングをベースに巧みなボクシングと組み合わせてトップファイターとなったモーは、2010年4月17日には、米国Strikeforceでゲガール・ムサシを破り、世界ライトヘビー級王者に。2013年にBellatorライトヘビー級トーナメントで優勝。2015年12月29日にはRIZINヘビー級(-100kg)トーナメントでも優勝という輝かしい実績を残した。

11月8日、キング・モーは195ポンド(88.45kg)契約で、米国のアンドリュー・カペル(14勝6敗)と対戦する。3連勝中のカペルはBellatorデビュー戦でレジェンドの最後の試合の相手を務める。

最終更新:11/6(水) 12:44
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事