ここから本文です

TOMORROW X TOGETHER (TXT)が“魔法”テーマに表現した、アップデートされた若者像

11/6(水) 15:00配信

リアルサウンド

 BTSの弟分として今年デビューしたBig Hitエンターテイメント所属のTOMORROW X TOGETHER (TXT)が、10月21日に1stアルバム『The Dream Chapter:MAGIC』をリリースした。デビューEP『The Dream Chapter:STAR』(2019年3月)は韓国の2019年度Gaonチャートで上半期のCD売上ランキング12位に入り、米国ビルボードチャートのbillboard200チャートで140位にランクインした。今作も米国iTunesのリアルタイムランキングで1位に輝いている。

BTSドキュメンタリーで見せた“ありのままの姿”【写真】

 今作のアルバムのテーマは「魔法」。タイトル曲「Run Away」の原題は「9と4分の3番線、君を待ってる」だが、ハリーポッターの世界観を思わせる、辛い現実から逃がれて9と4分の3番線のプラットフォームから仲間だけの魔法の国に旅立ちたいという歌詞の内容だ。他の楽曲の歌詞を見ても、納得のいかない世の中のルールを変えて新しいルールを作りたいという「New Rules」、いつまでも少年でいたいという気持ちをゲームになぞらえた「Can’t We Just Leave The Monster Alive?(モンスターをそのまま生かしておいてはいけないの?)」、疲れた現実の中で君と僕の始まりのあの魔法の島を忘れないでと歌う「Magic Island」など、思春期らしい感情を描いたものばかりだ。ピリッとするようなちょっと危ない甘酸っぱい恋の刺激を味わいたいという「Poppin' Star」、恋する気持ちをジェットコースターに例えた「Roller Coaster」、友達から好きな人へと変わる瞬間に意識する2人の身長差を表した「20cm」、自分の中の悪魔と天使が葛藤する恋心を描いた「Angel or Devil」など、恋の歌もティーンエイジャーらしさに溢れている。

 10代ならではの繊細な感情をテーマにしているのは先輩であるBTSも同様だったが、彼らが己の拳を傷つけながらもがき苦しむような反抗心や不器用で傷つきやすい青春を表現していた一方で、時に抑圧される10代を表現しながらも架空の世界への逃避や夢想の世界が現実になればいいと歌うTXTの世界観は、よりソフトでナイーブかつ現代的な強かさを秘めた若者像へとアップデートされているようだ。刺激が欲しいと歌うその「刺激」ですら「ライムレモンオレンジたっぷり」のパチパチキャンディ程度という可愛らしさと爽やかさは、どちらかといえば悪戯心をチューインガムに込めていたSMエンターテイメントのNCT DREAMや、恋のときめきを爆発のイメージで表現してみせたPLEDISエンターテイメントのSEVENTEENが初期から追求していたイメージに近い。「無害で可愛らしく、さわやかな青少年」というのはリアルというよりもファンタジー的であるが、同時に現実のTXTの姿そのものも内包している。リアリティからファンタジーへと世界観を変貌させて行ったBTSとは入り方が真逆であると言えるが、同時にBig Hitが一貫してこだわってきたであろう「少年性」はやはり健在と言えるだろう。

1/2ページ

最終更新:11/6(水) 15:00
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい