ここから本文です

投入すべきは七難隠すリキッドルージュ【40代からのベーシックメイク更新】

11/6(水) 17:30配信

webマガジン mi-mollet

歳を重ねて、今までのメイクがしっくりこなくなってきた、メイクをしても顔色が冴えない、トレンドの取り入れるのが気恥ずかしい……といったお悩みを持っている方も多いのではないでしょうか? それは顔だちや肌質の変化のせい。昔覚えたままのメイクを今こそ更新するタイミングなのです。とはいえ、どんなブランドがいいの?どんな色や質感がいいの?とメイク迷子に陥りがち。

赤よりベージュ。大人リップの色選び【40代からのベーシックメイク更新】

ミモレのブロガー、40代の山根亜希子さんと奥村真理子さんも新しいメイクに挑戦できず、ワンパターンになりがちと言います。
そこで40代からのベーシックメイクを更新するためのコツを美容エディターの大塚真里さんにレクチャーしてもらいました。
今回はリキッドルージュ。なぜ大人の口元悩みを解決できるのでしょうか?
どんなメリットがあるのでしょうか?

 

リキッドルージュが大人の唇にぴったりの理由

「リキッドルージュは今まで使ったことがないんです」(山根さん)というように、リップメイクのアイテムは口紅が定番になっている人も多いかもしれません。
「40代の口元って、若い頃と比べるとボリュームがなくなっているし、全体的にシワっぽくなっているんですよ。リキッドルージュは程よいツヤ感と保湿効果に優れたアイテム。大人の唇の強い味方になります。今まで使ったことがない人は、ぜひ取り入れてみてほしいですね」(大塚さん)

「鏡を見ずにぽんぽんとカジュアルに唇に叩くだけでピタッときまるので、仕事中の時間がないときや、とりあえず顔の印象をあげたいときにすごく便利なんです。メイクに時間をかけられない忙しい人にもぴったり。保湿効果もあるから、年齢を重ねてボリューム感がなくなってきた唇におすすめです」(大塚さん)

リキッドルージュの選び方、NGな色は?

おすすめのリキッドルージュですが、年齢にあったものを選ばないとせっかくのリップメイクが逆効果になることも。
「選ぶときには、必ず手の甲にのせて試してください。上の色はグロスのようなツヤ感しか残らず、ぼやけた顔の印象になってしまいます。グロスは若い子が使うアイテムと心得て、単品使いは卒業しましょう。下の色は肌に馴染まず白浮きしています。くすみがちな40代の肌に白浮きするリキッドルージュは口元が悪目立ちしてしまうので避けましょう」(大塚さん)

1/2ページ

最終更新:11/6(水) 17:30
webマガジン mi-mollet

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事