ここから本文です

高校でサッカー部に入らず「遊んで暮らしていた」土屋征夫は、いかにしてプロ選手となり45歳まで現役を続けられたのか?

11/6(水) 17:19配信

SOCCER DIGEST Web

「日本に帰りたい」と伝えた土屋に父親が返した言葉は…

 サッカー留学は2年間だった。「絶対にプロになってみせる!」と心に決めたものの、ブラジルでは多くの壁にぶつかった。周りのレベルが高いのは当然として、4年間のブランクが影響したのか、肉離れや捻挫などの怪我に悩まされた。さらには言葉の壁もあってコミュニケーションが取れなくてチームに溶け込めなかった。当時、日本人の留学生は200、300人くらいいたが、そのうち半分くらいは1年で日本に帰っていた。諦めて帰ろう――。1年後、土屋も夢半ばで帰国することを考えた。そしてブラジルから実家にいる父親に国際電話をかけた。

「それで日本に帰りたいって伝えたら、『帰ってくるな! お前が行くって言ったんだろ。2年間行くって言ったんだから、1年で帰ってくるなんて許さない』と。父親に叱られたことがほとんどなくて、このときも『帰ってこい』と言ってくれると思っていたんですが……。その言葉で、自分は何をやっているんだって思い直して、2年目は本気で頑張りました。この1年間やってプロになれなかったら辞めようと。あそこで、やり続けようっていう気持ちが自分の中にすごく育って。親父のためにも負けちゃダメなんだって。それまで自分はすごいガキで考えが甘かった。そこで一気に大人になりました」

 J1・J2リーグ合わせて通算511試合に出場。Jリーグでこれほどのキャリアを積んできた選手は数えるほどしかしない。2001年に日本代表候補合宿に一度だけ呼ばれたことはあるが、土屋には「日本代表」の肩書きがない。まさに“雑草魂”を武器に、ここまで戦ってきたという自負がある。

「511試合か……。ホント、自分でもよくやったなって思います(笑)。なぜここまでやってこれたのかって? 毎年毎年必死にやってきただけですよ。負けず嫌いな性格なのもありますけど、あとは、大好きなサッカーをしてお金をもらえるなんて最高じゃないですか。だから絶対に手放さないっていう気持ちでずっとやってきましたね。まあでも、やっぱり1年目の経験が大きかったですよね。あのヴェルディ時代の経験がつらすぎて……」

 土屋が話した“つらすぎる経験”とは、ブラジルの3つのクラブでプレーしたあと、次の夢であるJリーグでのプレーを目指すべく、1997年に帰国してヴェルディの練習生になった頃のことだ。当時のヴェルディは、ラモス瑠偉、柱谷哲二、カズ(三浦知良)、高木琢也、北澤豪などが名を連ねる、まさにスター軍団だった。

「今振り返ってみても、すごいメンツですよね。日本代表選手ばかり。みんなすごく上手くて自分は超下手。最初は練習生だったんですが、トップチームの練習についていけなくて。当時のユースには平本一樹や飯尾一慶とかいて、あいつらもすごく上手いし……。この中でやっていけるかな、キツいなっていう感じでした。高校を卒業してブラジルでは3つのクラブでプロとしてやらせてもらってたんですが、まったく甘かったですね(笑)。毎朝起きるのが嫌でした。ああ、また今日もずっと怒られるんだろうなって。そう思いながら、よみうりランド(の練習場)に通っていました。あそこで諦めていたら、プロにはなれなかったでしょうね。でも、親父のおかげでブラジルに行けて、ブラジルで必死になれたからプロになれて、あのときヴェルディの人たちに認められようって必死になって食らいついたから、プロとしてやれる自信がついた。エリート集団の中から這い上がってみせる、負けてたまるかって、“雑草魂”だけで頑張ってきた感じです。当時はつらかったけど、今は感謝しかないですね。あのときがあったからこそ今があるので」

2/3ページ

最終更新:11/6(水) 21:32
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事