ここから本文です

リバプール、クラブW杯初戦前日に国内カップ戦開催が決定…。クロップも「問題なのは明らか」と嘆き

11/6(水) 17:19配信

SOCCER DIGEST Web

リバプールも公式声明で「理想的なシナリオではない」と苦言

 強ければ強いほど、過密日程の問題に悩まされる。だが、これほどの事態はなかなかない。

【動画】伊東純也を擁するヘンクを粉砕! リバプールの最新試合のハイライトはこちら

 11月5日、リバプールのリーグ・カップ準々決勝が12月17日に開催されることが決まった。昨シーズンのチャンピオンズ・リーグ(CL)王者リバプールは、翌日の18日にカタールでクラブ・ワールドカップ(W杯)準決勝に臨むため、2日連続で異なる大会を異なる場所で戦うことになったのだ。

 異例の事態に、リバプールは公式声明で、「理想的なシナリオではない」と、代替日程案の協議など、イングランドフットボールリーグ(EFL)の尽力に感謝したうえで、苦渋の結論を出したと発表した。

「最終的に、大会そのものの日程を妥協したり、選手たちに過度の負担をかけることなく、適切と考えられるものはなかった」

 クラブはそれぞれの大会に異なる2チームで臨むことを明かしている。だが、リバプールだけの問題ではなく、好ましくない事態であることは明白だ。英公共放送『BBC』によると、ユルゲン・クロップ監督は、「解決策を見つけないと。問題なのは明らかだ」と述べた。

「毎年同じことをしているじゃないか。『3日間で5試合だ。どうなるか見てみよう』みたいにね」

 さらに指揮官は、「始める前に考えるべきだ。問題はリーグ・カップだけじゃないからね」と続けた。

「このまま続けることはできないよ。話し合って、どこかで解決策を見つけなければならない」

 そして、現実問題として、2日連続で異なる地での試合をこなすためにどのようなオペレーションで臨むか問われると、クロップ監督はジョークを飛ばしている。

「(リーグ・カップ準々決勝の相手)アストン・ビラにカタールまで来てもらって、そこで試合できるか聞いてみるよ」

 クラブW杯には世界一の称号が懸かるだけに、主力をカタールに向かわせ、若手中心でリーグ・カップを戦うことが妥当との声もあるが、いずれにしてもクロップ監督とリバプールの決定が注目される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:11/6(水) 17:21
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事