ここから本文です

日本代表、W杯予選キルギス戦「予想布陣」 大迫、堂安不在の攻撃を牽引するのは?

11/6(水) 15:50配信

Football ZONE web

右サイドの一番手は伊東が有力 冨安不在の最終ラインはタジキスタン戦と同じ顔ぶれか

 日本サッカー協会は6日、14日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選キルギス戦(ビシュケク)と、19日のキリンチャレンジカップ・ベネズエラ戦(吹田)に向けた日本代表メンバーを発表した。総勢32人、異例の2チーム“分割編成”となったなか、予選4連勝を懸けたキルギス戦のピッチに立つメンバーを占う。

 DF陣では従来、吉田麻也(サウサンプトン)のパートナー最有力である冨安健洋(ボローニャ)は10月のモンゴル戦で負傷して今回は未招集。佐々木翔(サンフレッチェ広島)が約7カ月ぶりに復帰したが、アジア2次予選タジキスタン戦で起用した酒井宏樹(マルセイユ)、植田直通(セルクル・ブルージュ)、吉田、長友佑都(ガラタサライ)と見るのが有力だろう。

 ボランチは軸の1人である柴崎岳(デポルティボ・ラ・コルーニャ)が所属クラブで2戦連続出番なしと試合から遠ざかっているが、これまでの森保一監督の起用を考えれば、柴崎への信頼は揺らがない。競争が熾烈なのは残る一枠で、10月のW杯予選2連戦では遠藤航(シュツットガルト)と橋本拳人(FC東京)が1試合ずつ出場。今回、2019年3月以来の招集となった山口蛍(ヴィッセル神戸)がどこまで2人に食い込めるか。

 2列目は堂安律(PSV)と18歳の久保建英(マジョルカ)がU-22日本代表の活動に参加するため、招集が見送られた。レギュラー最右翼だった堂安が不在の右サイドは、“繰り上がり”で伊東純也(ヘンク)が一番手と見ていいだろう。10月のモンゴル戦でも3アシストをマークし、大きくアピールしている。森保体制では中島翔哉(ポルト)のバックアップを務めている原口元気(ハノーファー)を右サイドに回すのも選択肢の一つになりそうだ。

 堂安、そして1トップのFW大迫勇也(ブレーメン)が不在のため、トップ下の南野拓実(ザルツブルク)と10月の活動でも10番を背負った中島には、これまで以上に攻撃を牽引する働きが求められるだろう。

1/2ページ

最終更新:11/6(水) 16:07
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事