ここから本文です

ファッションEC戦国時代を勝ち抜くのはどこだ?

11/6(水) 8:30配信 有料

WWD JAPAN.com

(写真:WWD JAPAN.com)

 日本のファッションEC市場はこの10年で約23倍の規模になった。今後もさらなる高成長が見込まれる中で、ZOZOが創業者の前澤友作氏の電撃的な引退とZホールディングス(10月1日にヤフーから社名変更)への身売りで、ファッションECは大きな岐路を迎えている。ファッションECはZホールディングスとアマゾン、そして楽天という巨大なプラットフォーマー対決の様相を帯び始めている。ECモールは百貨店、ショッピングセンター(SC)と移り変わってきたアパレル企業の新たな主販路になり得るのか。また、アパレル企業側は巨大なプラットフォーマーに翻弄されるのか、それとも新たな活路を見出せるのか。(この記事はWWDジャパンvol.2109からの抜粋です) 本文:4,476文字 写真:4枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

最終更新:11/6(水) 8:30
WWD JAPAN.com

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る