ここから本文です

高倉健さん養女の告白本に遺族困惑、遺骨の行方は明かされず

11/7(木) 7:00配信

NEWS ポストセブン

《五年前に亡くなった高倉健が“最後に愛した女性”小田貴月さんによる初の手記です》。晩年の高倉健さんと最も多くの時間を過ごしたとされる女性による「告白本」。「養女」となって、健さんの全財産を手にした彼女が書いた「真実」とは──。

【別写真】健さんと伝説のゲイバーママとの貴重な写真

「遺族に本が出版されることを伝えると“今さら何を書くんですか”と驚いていました。健さんが亡くなってからもう5年ですが、養女とは今なお音信不通が続いているそうです」(この問題の取材を続けるノンフィクション作家の森功さん)

──書店を賑わせている一冊の書籍がある。タイトルは『高倉健、その愛。』(文藝春秋)。10月30日の発売以降、異例の連日重版という売れ行きを記録している。

 著者の小田貴月(たか)さん(55才)は、高倉健さん(享年83)の33才年下の養女(今回の出版を機に小田貴から小田貴月に改名)だ。

 2014年11月10日に健さんが悪性リンパ腫で死去した後、小田さんは突如、健さんの養女として登場して世間を驚かせた。そんな彼女が17年に及ぶ健さんとの私生活を綴った同書には、知られざるカリスマ俳優の素顔があふれている。

「出会った直後から健さんは小田さんに思いを寄せ、交際前なのに彼女のイラン旅行を心配した健さんが何度も現地に電話やファクスをして、『こんなに心配しているのに、どうして連絡できないんですか!』と声を荒らげるシーンなど、ふたりのなれ初めが赤裸々に語られています。交際を始める際に健さんが『普段はほっとしていたいから、化粧をしないでください』とリクエストしたことも明かされました」(テレビ局関係者)

 芸能界きってのダンディーで寡黙な男性として知られた健さんだが、同書には、帰宅後に「今日はぺコリン! 何食えるの?」とおどけて食事を待ち望んだり、自宅ソファに横たわってもの凄い顔で息を止め、「死んだふり」をして小田さんを驚かせるといった、お茶目な一面も描かれている。

1/4ページ

最終更新:11/7(木) 8:27
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事