ここから本文です

予想オッズは井上尚弥の圧倒的優勢! 老舗ブックメーカーは驚異の1.1倍をつける「ドネアが勝ったら世界が動揺」

2019/11/7(木) 6:00配信

THE DIGEST

 ビッグマッチの開戦の時が刻一刻と迫っている。

 11月7日に開催されるボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝で、WBA・IBF王者の井上尚弥がフィリピン人のWBAスーパー王者ノニト・ドネアと対戦する。

【PHOTO】世界のスポーツシーンを彩る「美女アスリート」たちを厳選!

 軽量級の“新旧スター対決”は、どちらがバンダム級の世界王者となるか――。世界注目の一戦を各国のブックメーカーの優勝オッズを見てみよう。

 海外ブックメーカーの下馬評は、いずれも井上が圧倒的優勢だ。英老舗ブックメーカー『William Hill』は、井上勝利に1.1倍、一方のドネアには6.5倍と大きな差がついている。

 また、井上の勝利に1.7倍をつけた英ブックメーカー『Ladbrokes』は、1ラウンドでのノックアウト(KO)に7.5倍、2ラウンドと3ラウンドのKO勝ちに7倍とした。かたやドネアのテクニカルノックアウト(TKO)もしくはKOでの勝利を14倍を高い数値をつけている。

 一連のオッズを紹介した米メディア『Bleacher Report』は、ドネア戦で井上が圧倒的な力を見せるとレポートしている。

「18戦無敗、しかも16KOのイノウエは驚異的なハードヒットを打ちこむ術を心得ている『ザ・モンスター』だ。ドネアが世界王者になる可能性は低くないが、36歳となった彼がイノウエを打ち負かすことは、それほど期待されていない。

 もしも、ドネアが勝つようなことがあれば、それは世界に動揺を走らせることになるだろう。これまでイノウエがWBSSで披露してきたパフォーマンスを考えれば、日本人ファイターがドネアを圧倒する可能性が高い」

 優位と見る声が圧倒的な井上は、その下馬評通りにドネアをリングに沈めることができるのか。運命の大一番に注目したい。

構成●THE DIGEST編集部

最終更新:2019/11/7(木) 22:31
THE DIGEST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事