ここから本文です

【Bellator】ジョシュ・バーネットがハワイで3年3カ月ぶり復帰戦

11/7(木) 11:43配信

ゴング格闘技

2019年12月20日(日本時間21日)、ハワイ州ホノルルのブライスデル・アリーナで開催される『Bellator and the USO Present: Salute the Troops』にて、ジョシュ・バーネット(米国)がホニー・マルケス(ブラジル)とヘビー級で戦うことが発表された。USO(米国慰問協会)と提携した大会となる。

【写真】QUINTETでグレゴー・グレイシーと対戦するジョシュ

MMA35勝8敗で、日本のPANCRASEやPRIDEでも活躍したバーネットは、2016年9月のUFCでのアンドレイ・アルロフスキー戦以来、3年3カ月ぶりのMMAの試合。前戦では3R、リアネイキドチョークでアルロフスキーに一本勝ちしている。その後「QUINTET」でグラップリングマッチを行っていた。

MMA19勝7敗のマルケスは、2019年6月の「PFL」でシギ・パサレリに2R TKO勝ちして以来の試合。両者ともに今回がBellatorデビュー戦となる。

10月26日の『Bellator 232』の大会後会見で、スコット・コーカーCEOは、バーネットについて「ジョシュは日本(12.29『Bellator JAPAN』)では戦わない。タイミングの問題だ。そして現時点ではジョシュが戦うべきヘビー級の舞台が向こうに無いようだ」と発言。「調整していることはあるので、それが最終的に決まればアナウンスするだろう」と話し、年末の日本大会参戦はないものの、復帰が近いことを語っていた。

なお『Bellator and the USO Present: Salute the Troops』翌日の12月21日(日本時間22日)には、イリマ=レイ・マクファーレン(米国)vs ケイト・ジャクソン(英国)のBellator女子世界フライ級タイトルマッチが行われる『Bellator HAWAII』の開催も同地にて決定している。

最終更新:11/7(木) 11:43
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事