ここから本文です

ダイエットしても脚が痩せない...「美脚になる食べ方」6つのコツ

11/7(木) 21:05配信

ウィメンズヘルス

スラリとした美脚になりたい、ダイエットしても脚が痩せない…そんな悩みを抱えている人は、食べ方が間違っているのかも? 『美脚トレ』の著者で人気トレーナーの渡部龍哉さんに、「美脚になる食べ方のコツ」を取材。

【写真】知らないと恐怖! ”ブサイク脚“を作るNG習慣10

1.おかずを増やそう

「脚痩せしたいからといって食事を減らすのは間違い。むしろ女性にはおかずを増やしたほうがいいケースが多いんです」と渡部さん。「野菜炒めや焼き魚など、主菜となるおかずは量を減らさずに一人前以上を食べるイメージで増やしてください。量が食べられない場合はご飯の量を減らして、おかずは減らさないで。そうすればたんぱく質はしっかりと摂れて糖質は減らせます」ここで注意すべきは味づけ。「おかすの味が濃いとご飯がすすんでしまい、あまりおかずの量が食べられません。薄味にして、おかずをたくさん食べられるようにしてみてください」

2.朝ご飯を食べよう

「朝ご飯はしっかり食べる派」という渡部さん。「朝食は一日の体を動かす栄養素として大切です。晩御飯が遅かったり胃腸が疲れていると食べられないので、まずは朝ご飯をしっかり食べられるように晩ご飯を早めに食べるよう生活を整えることも大切ですが、飲み会など付き合いもありますよね。そんなときは無理して食べなくてOK。ただし最低限の糖質は摂ってほしいので、豆乳やプロテインだけにするなどして調整してください。ちなみに朝ご飯メニューのおすすめは『納豆卵かけごはん』。たんぱく質と脂質、糖質のバランスがいいので僕もよく食べています」

3.カロリーは気にしすぎない

「カロリーを気にして0kgカロリー食品ばかり摂って安心している女性も多いのですが、それだと体に必要な栄養素が不足してしまいがち。カロリーカットすれば確かに痩せるかもしれませんが、栄養素が摂れていなければ筋肉も一緒に減ってしまいます。体を作るのに欠かせないのがたんぱく質。カロリーを控えたいからといってたんぱく質を不足させてしまっては健康美から遠のき、本末転倒に。体重を減らすことよりも、美しいボディラインを手に入れることを重視して。女性らしい流線形の美脚ラインが欲しいなら、カロリーカットよりも栄養を摂ることを意識しましょう」(渡部さん)

1/2ページ

最終更新:11/7(木) 21:05
ウィメンズヘルス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事