ここから本文です

トライアンフ新型Bobber TFC(ボバーTFC)は技術の粋を集めたファクトリーカスタムモデル

11/7(木) 17:31配信

WEBヤングマシン

世界750台のリミテッドエディション

2017年の発売以来、優れたエンジニアリングとハンドクラフトカスタムスタイルにより新しいクラシックカテゴリを生み出したトライアンフのBobber(ボバー)シリーズ。今回登場した新型『Bobber TFC(ボバーTFC)』はトライアンフファクトリーカスタム(TFC)モデルの3台目に当たり、最新テクノロジーとハンドクラフトが惜しみなく投入された精緻かつ独自のプレミアムカスタムスタイルに仕上がっている。

【TRIUMPH BOBBER TFCの写真を見る】

3台目のTFC(トライアンフファクトリーカスタム)モデル

トライアンフの設計チームやエンジニアリングチーム内にあるユニークな情熱や専門知識、そして英国独自のハンドクラフト精神がプレミアムな価値を創出するTFC(トライアンフファクトリーカスタム)モデル。先行したTHRUXTON TFC(スラクストンTFC)およびRocket 3 TFC(ロケット3 TFC)が好評を得た後に、第3弾として登場したのがBobberシリーズのフラッグシップ『Bobber TFC(ボバーTFC)』だ。

【TRIUMPH BOBBER TFC】主要諸元■水冷SOHC並列2気筒8バルブ 270°クランク 1200cc 87ps/6250rpm 110Nm/4500rpm 燃料タンク容量9L ■ブレーキ F=Wディスク ■タイヤ F=100/90 R19 R=150/80 R16

【TRIUMPH BOBBER TFC】

【TRIUMPH BOBBER TFC】

エンジンの大幅なアップグレードによりパワー&トルク向上

新型Bobber TFCに搭載される1200ccエンジンは、低慣性クランクシャフト、クラッチ、バランスシャフト、デッドシャフト、オルタネーター、マグネシウムカムカバー、薄壁エンジンカバー、ヘッダーパイプなどの軽量エンジンコンポーネントを含む大幅なエンジンのアップグレードによって、STDおよびBobber Blackよりも10psのパワーアップ(13%アップ)を実現。また全回転域にわたって高いトルクパンチが得られ、そのピークはSTD/Blackよりも4Nm高い110Nmに達する。さらに、カーボンファイバー製エンドキャップ付きArrow製チタンサイレンサーを擁するBobber TFC専用排気システムも採用されている。

1/2ページ

最終更新:11/7(木) 17:31
WEBヤングマシン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事