ここから本文です

【PANCRASE】2連勝中の石井逸人、瀧澤謙太戦は「一切、噛み合わない。一方的な試合で終わらせます」=11月10日(日)新木場

11/7(木) 19:57配信

ゴング格闘技

2019年11月7日、石井逸人(TRIBE TOKYO M.M.A)が11月10日(日)の「PANCRASE310」スタジオコースト大会に向け、所属ジムで公開練習を行った。

【写真】チョークを極める石井

9月1日の「Road to ONE:CENTURY」新木場大会で、10月13日の「ONE:CENTURY 世紀」両国国技館大会の「修斗vs.PANCRASE」前哨戦となる対抗戦を行った修斗とPANCRASE。結果は、PANCRASEが0勝6敗と白星を挙げられずに終わったが、10月の両国大会での王者対決では2勝2敗の痛み分けに終わっている。

その両国大会後にも対抗戦の火種は繋がり、11月10日(日)の「PANCRASE310」に引火、修斗世界フライ級2位の石井逸人(TRIBE TOKYO M.M.A)がPANCRASEに参戦し、PANCRASEバンタム級3位の瀧澤謙太(リバーサルジム東京スタンドアウト)と対戦する。

石井は、広島県の福山市の総合格闘技道場BURSTから、上京しTRIBE TOKYO M.M.Aに移籍。覇彌斗から石井逸人として、2019年7月にバンタム級に階級を上げ、2018年修斗新人王のガッツ天斗と対戦し、判定勝ちで再起を果たした。

さらに、9月の「Road to ONE:CENTURY」では、2年ぶり復帰戦の古間木崇宏を相手に1R リアネイキドチョークで一本勝ち。東京進出後、連勝を飾っている。

PANCRASE初参戦となる石井は、公開練習で井上学、小川徹、後藤丈治、川北晏生らを相手に組みから極めの強さを見せると、バンタム級3位の瀧澤謙太戦を前に「一切、噛み合わない試合になる。一方的な試合で終わらせます」と語った。

■鈴木みのるさんの試合を見て格闘技を始めた

──PANCRASE初参戦となります。試合3日前で調整具合はいかがですか?

「調整はばっちりで怪我もなく、体調も問題ないです」

──PANCRASEからオファーが来た心境をお聞かせください。

「ずっと憧れていた団体で、自分は鈴木みのるさんの試合を見て格闘技を始めたので、ずっと出たかった、カッコイイなと思っていた団体なので、嬉しかったです」

──鈴木選手には、どんな思い出の試合がありますか。

「鈴木みのるさんがやっていたときの試合をYouTubeとかで見ていました。それに中3くらいのときに、初めて新日本プロレスを見たときに、物販で声をかけられてTシャツを買わされたというのが一番最初のエピソードです(笑)。誰かなと思ったら、リングでバンバン極めて、カッコいいなって。そこから格闘技にハマっていきました。ずっと柔道をやっていて、高3で格闘技を始めました」

──PANCRASEのランカーである瀧澤謙太が対戦相手に決まりました。

「お互いやりたいことが対極なので。向こうは打撃やってくるんだろうなと。こっちがやりたいことは寝技なので、こっちがやりたいことをぶつければ、まあ、問題ない相手だなと思います」

──「問題ない相手」だから即答した?

「逆に向こうは、自分に勝てると思って受けたと思うので、こっちも勝てると思って受けています」

──互いにストロングポイントがはっきりしています。瀧澤選手は打撃に特化した部分が強く、石井選手は組みからの極めが強い。ご自身としてはどのように試合を進めたいと?



「一切、噛み合わない試合にはなると思います。ファンの人には申し訳ないですけど、一方的な試合で終わらせます」

──早い展開になる?

「速い仕掛けで一本を取って、はやい展開で極めます」

──瀧澤選手の前戦ハファエル・シウバ戦をどのように見ましたか。

「リズムに乗るとすごく強い選手で、自分のリズムをしっかり持っている選手なので、それを崩されるとモロいのかなという印象はあります」

──ファイニッシュのリアネイキドチョークは2度後ろ手を剥がしたところでタップをしました。気持ちの部分では?

「煽りますね(苦笑)。まあ、そういうところは練習環境が出る場面だと思うので、自分の練習環境を見てもらえばわかると思いますが、苦しいところで自分は競り負けない練習をしてきたので、そこは瀧澤選手は違うかなと思います」

──瀧澤選手はオーソからのヒザ蹴りとそこと連動した視線を下げての右オーバーハンドで多くの選手を倒しています。その打撃については?

「全然、大丈夫です。想定の範囲内です」

──これまでの日本人選手は瀧澤選手をテイクダウンすることに苦しむ場面もありました。ハファエルをブリッジで返す場面も見せています。そのテイクダウンをカットする強さについてはどうとらえていますか。

「国内でトップクラスの練習をしています。フィジカル以上のテクニックをつけてきたと思うので問題ないです」


──TRIBE TOKYO M.M.Aに移籍してどんな部分が変わりましたか。

「もう半年になりますが、すごい変わってきていると思います。すべてにおいて。生活面だったり、ファイトスタイルも。前は相手と噛み合う、合わせるスタイルだったんですけど、自己中というか、自分のしたいことをぶどんどんつけられるスタイルになってきて、TRIBEスタイルに合ってきているんじゃないかと思います」

──ONEの日本大会で修斗vsPANCRASEの王者対決も組まれました。その流れのなかなのか、両団体の上位ランカー同士が戦います。その部分については?

「団体どうのこうのというのは今は背負っている気はないですけど、ファンの人はそれで乗っけて見てくれればいいと思います。(修斗を背負う気持ちは?)いまは自分はそれほど持っていないです。でもずっと修斗でやってきて、修斗で実力をつけてきたとう思いは持って戦います」

──どんなフィニッシュを?

「なんでもいいんで、とりあえずバチッと取って一本極めて、ケージを降りようと思います」

──この先にONEもあります。重要な試合になるのでは?

「この試合にしっかり勝って、次のステップでONE Championshipにアピールしたいと思います。勝ったからどうぞ、というそんなに甘い舞台ではないと思っているので、まずはしっかり勝って、自分はONE WARRIOR SERIESに出たいなと思っています」

──ONE本戦とはいわず、ONE WARRIOR SERIESにというのは?

「ベルトというより、ONE WARRIOR SERIESで勝ち上がって本戦に出たいです。減量も限界でPANCRASEでバンタム級(61.2kg)に上げましたが、それはONEフライ級(※61.2kg)がベストということで視野に入れてのことです。これまで6、7kg、水を抜いていて死にかけたような感じで、だったらナチュラルで戦おうと。国内でひとつ上の階級で勝てなければ海外勢には勝てない。ONE WSで戦うことでその先に繋がればいいなと思っています」

最終更新:11/7(木) 19:57
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事