ここから本文です

「ホンダがやった!」「あらゆる手を使って…」本田圭佑のフィテッセ加入を欧州メディアはどう報じた?

11/7(木) 17:59配信

SOCCER DIGEST Web

大手紙は報道せず

 11月6日、本田圭佑のフィテッセ加入が正式に決定した。

 メルボルン・ヴィクトリーを退団して以降、フリーとなっていた本田は、次の舞台がなかなか決まらずに注目されていた。名門マンチェスター・ユナイテッドや古巣ミランにツイッターで逆オファーしたことや、声が掛からないことに疑問を投げかけた投稿も話題となった。

【動画】ファン大興奮!本田圭佑が公開した、ゴラッソ連発のシュート練習!

 かつてセリエAでプレーした本田とあり、これらのツイートやフィテッセのトレーニング参加が決まったことは、イタリアのメディアでも紹介されていた。ただ、今回の正式契約を伝える記事は、大手紙の電子版では見当たらない。

「ホンダがやった! 元ミラン選手が契約を見つける」と報じたのは『EUROSPORT』だ。「彼はあらゆる手を使って試したが、契約を見つけられていなかった。それがターニングポイントを迎えた」と伝えた。

「ケイスケ・ホンダが待ち望んでいた日が訪れた。ようやく、日本人選手は契約を見つけた。2020年6月までフィテッセとサイン」
 
 また、ミラン専門サイト『Il Milanista』は「今シーズン途中にユナイテッドやミランに売り込んでいたが、良い返事をもらえていなかった。だが今、ホンダは新たな契約にサインした」と報じている。

 そのほか、『itasportpress』は「ホンダにとって新たな冒険」、移籍専門記者アルフレード・ペドゥッラーのサイトは、「ようやく自分に賭けてくれるチームを見つけた」と伝えた。

 約10年ぶりにオランダを舞台に戦うことが決まり、早ければ24日から出場できるという本田。来年の五輪出場を目指す中で、イタリア・メディアが大きく取り上げるような活躍を見せられるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:11/7(木) 17:59
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事