ここから本文です

敗戦ドネア、試合後は病院行き 井上尚弥に賛辞「自分のパンチあれだけ耐えた選手いない」

11/7(木) 22:42配信

THE ANSWER

関係者を通じてコメント「井上は真のチャンピオンであることを証明した」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝が7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ち。「世代交代」を宣言したバンタム級頂上決戦を制し、WBSS優勝を果たした。WBA正規王座の3度目の防衛とともにスーパー王者に昇格。IBF王座は初防衛となり、日本人初の2つのベルトの同時防衛に成功した。

【画像】試合後に実現していた! 初のカットで腫れた右目、痛々しい表情は…井上が控え室でドネアと撮影した“舞台裏2ショット”の写真

 超満員の埼玉が歴史的死闘に酔いしれた。井上は2回にパンチをもらい、右目上がカットして出血。再三、パンチをもらうなど、大熱戦となったが、11回にダウンを奪うなど、終盤に猛攻。最後は3-0の判定勝ちでWBSSの頂点に立った。ゴングが鳴った後には笑顔で抱き合うなど、強さだけでなく、リスペクトも表れた試合だった。

 敗れたドネアはダメージを考慮して念のために病院へ向かったため、取材対応はせず。関係者を通じてコメントした。「井上はこの試合で真のチャンピオンであることを証明した。自分が戦った相手であれだけパンチを耐えられた選手はいなかった。おめでとうと言いたい」と紳士的に勝者を祝福した。

THE ANSWER編集部

最終更新:11/8(金) 9:54
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事