ここから本文です

高橋大輔、主演舞台「氷艶2019」では『歌が一番大変でした』『でもめちゃくちゃ気持ちよく歌わせていただきました(笑)』

11/7(木) 18:40配信

ザテレビジョン

高橋大輔の主演舞台「氷艶hyoen2019―月光かりの如く―」のトークショー&先行上映会が、11月6日に東京・TOHOシネマズ 日比谷で開催。主役の光源氏を演じた高橋が登壇し、同作の見どころや撮影エピソードを語った。

【写真を見る】歌にも挑戦したという「氷艶2019」の場面写真(他写真あり)

「氷艶」は、フィギュアスケートならではの美しくしなやかな演技と感情表現を通じて、今までにないような、日本文化を伝える艶やかな舞台をつくっていきたいという想いが込められたアイスショー。

「氷艶 hyoen2019ー」は、宮本亜門演出で7月に横浜アリーナで上演され、世界最古の長編小説といわれる「源氏物語」を幻想的に演じ、3日間で45,000人の観客を魅了。9月にはBS日テレとBS日テレ4Kで、10月にはCS放送・日テレプラスで放送され話題を集めた。

さらに12月29日(日)~31日(火)の3日間にわたり全国の映画館の大スクリーンで上映する「ディレイ・ビューイング」を行うことが決定。開催に先駆け、主演の高橋が登壇する先行上映会と作品を振り返るトークショーが行われた。トークショー前半では、「氷艶hyoen2019ー」への思いを語った。

※高橋大輔の「高」は「はしごだか」が正式表記

■ ケガは回復中で「全日本に向けて仕上げていきたい」

――会場にお集まりの皆さまに一言お願いします。

皆さんこんにちは、高橋大輔です。今日はお忙しい中お集りいただきありがとうございます。このあと、「氷艶2019」を見られるということなんですけど、その前に少しお話できればなと思っておりますので、今日はよろしくお願いいたします。

――先日捻挫をして、「西日本フィギュアスケート選手権2019」は欠場となってしまいましたが、その後けがの状況などいかがでしょうか。

西日本選手権見に行く予定だった方には本当に大変申し訳なかったなと思いますし、状態としては、ゆっくり休んで今回復に向かってこれから練習してきっちり全日本に向けて仕上げていきたいなと思っておりますので、またぜひ応援よろしくお願いいたします。

――回復なさっているんですね。

休んだら治るので(笑)、ちょっと休んで…大事をとって全日本に向けて精いっぱいやりたいなと思っていたので、休ませてもらいました。すみませんでした。

――最後有終の美を飾りたいという意気込みで…。

有終の美を飾れるかどうか分からないですけど、精いっぱい頑張りたいと思います。

■ 「ディレイ・ビューイング」では「細かい表情も大迫力で見てほしい」

――7月に終えた「氷艶2019」、映画館で多くの人に楽しんでもらえますね。

テレビでは放送されて、見ることはできたと思うんですけど、映画館で見るというのは大迫力で、また「氷艶2019」を見てもらえる機会があるっていうのはすごくうれしく思います。

しかも47都道府県ですよね、全国の方に見ていただける…。会場に足を運ぶのはなかなか難しい方もいらっしゃると思うので、映画館はすごく身近なものなので本当にたくさんの方に見てもらいたいなと思います。

――(観客に向けて)実際に会場に行った方はいらっしゃいますか?(ほとんどの観客が挙手)

すげー(笑)。すみません、ありがとうございます。3日間しかなかったのに…。

――「ディレイ・ビューイング」では表情がじっくり見られますよね。

結構、細かい表情も自分なりには頑張ってやっているので大迫力で見ていただければ。ガチ泣きもしてたりとかもするので。

――ご自身でも映像は見られたんですか?

見ました。終わった後は「氷艶」ロスみたいになっちゃって、夜な夜なほぼ一週間くらい見続けてましたね、楽しかったなーって思いながら。

■ お気に入りのシーンは「ミュージカル風に歌い出すところ」

――お気に入りのシーンは?

お気に入りのシーンは戦いに向かう前に、海賊の人たちと「行くか!」みたいな感じでミュージカル風に歌い出すところがあるんですよ、みんなで。あそこはやっぱり気持ちよかったですね。

――映画館で見るというのもいいですね。

ぜひ楽しんでいただければなと思っていますね。

■ 演技については「福士誠治さんが僕の演技指導役」

――氷の上はホームグラウンドかと思いますが、お芝居の勉強はどこでされたんでしょうか。

勉強…今回、福士誠治さんと共演させていただんですけど、僕の演技指導役もやってくださって。毎日セリフをやり合いながら。

「読むんじゃなくて、相手に飛ばすように」とか、「ちゃんと相手のセリフを聞くとそれに声って反応するんだよ」って。やり方をいろいろ教えていただきました。

「同じセリフの言い回しでも、トーンだったり、返す声のトーンが変わってくるじゃない?」みたいな。会話の中で。暗い感じでいくと暗い感じで返ってくるじゃないですか、「そういう感じだよ」っていう風に言われてあーって(納得しました)。最初は自分のイメージで飛ばすだけだったんですけど、キャッチボールだからって毎日やってくださって。

大声があんまり得意じゃないんですよね。自分が恥を捨てて「わー!」ってやったときに自分の大声にびっくりしすぎて、そのあと真っ赤になって恥ずかしくて。それでちょっとみんなに笑われたんですけど、笑われ慣れていくと恥ずかしくなくなってきてどんどん出来るようになりました。

■ 本作では歌にも挑戦「めちゃくちゃ気持ちよく歌わせていただきました(笑)」

――高橋さんの愛の言葉がしみました(観客も拍手)。歌も歌ってるんですよね。

何が大変だったって、歌が一番大変でしたね。録音だろうなと勝手に思ってたので、一応一回録ったんですけどまあまあ下手くそだったんですよ(笑)。それで初めて録音というのをやったので、緊張してるので余計、普段練習のときはもうちょっとできてたのに全然ダメで。

時間もなかったので焦ってて、ダメだろうな、もう一回撮り直しだろうなと思ったら「いや、生でいく」っていう話になって、「マジかよ」と思いました(笑)。カラオケだったら歌えますけど、何千人の前で、自分のカラオケレベルの歌を披露するなんておこがましいって。でも、上手い下手は別としてめちゃくちゃ気持ちよく歌わせていただきました(笑)。

――「氷艶」では、ご自身のいろんな可能性を発見できたのではないでしょうか。

可能性あるんですかね。そのあとにいろんな舞台を見に行かせていただきましたけど、やっぱり本物は違うなと思いました。もし可能性があったとしても、道のりは長いなと感じております。

■ 座長という立場だが「みんなで作り上げてるんだなって気持ち」

――今回は座長という立場でプレッシャーはありましたか?

引っ張っていくという感じじゃなくて、いろんなジャンルの方たちとコラボレーションということで、お互いできない部分がたくさんある中での「氷艶」だったので。

誰かが引っ張るんじゃなくてみんなで士気を高め合う、お互い尊敬し合いながら、自分が座長という感覚はまったくなく、みんなで「氷艶」を作り上げてるんだなって気持ちだったので、そういう意味ではプレッシャーはなかったですね。

成功するかどうかのプレッシャーはありましたけど。座長というプレッシャーはまったくなく、いいものを作り上げたいっていう気持ちが本当に一つになっていました。

――スケーティングに関しては高橋さんがご指導を?

そうですね、あの助けられるところは…福士さんには演技指導してもらったので、僕がスケート指導をしてっていう、補い合いながらやらせていただきました。

■ 「楽しかったことしかなくて。すべてが思い出」

――出演者の皆さんとの楽しかったエピソードはありますか?

楽しかったことしかなくて。普通の舞台だとフロアの上だけなんですけど、「氷艶」の場合は氷もあるので、氷とフロアで一日が長いんですよ。

朝7時から、夜10時くらいまで。午前中は氷のところでリハーサルして、夜は稽古場で。しかもリンクサイズで稽古するので、声をすごく出さないと。マイクもあまり数がないので、その労力だけでも大変だったので本当に時間かかったんですけど、すべてが思い出でしたね。

――苦労したことは?

苦労に感じなかったというか、稽古としては1カ月弱と時間がなかったので、苦労と感じてる暇がなくやらなきゃいけないことばっかりで。陸でやって氷でやるとスピード感が違ったりとか、ちょっとずつ進んでいくっていう感じで。本当にこのままで間に合うのかなと、合宿期間中は過ごしていました。

――前日も遅くまで練習をやっていらっしゃったんですよね。

そうなんですよ、会場に入っても場当たりとかあるんですけど、みんな氷の上が不慣れというのもあるし。大道具もめちゃくちゃデカいので、それで舞台に船とかもあるんですけど、氷のすべる感覚ってなかなか慣れてないじゃないですか。

スパイクがついてるんですけど、思ったように(舞台装置を)動かせなかったり。押しすぎてスピードがつきすぎて止められないとか、それを合わせるのも時間がかかりましたし、リハーサル期間が短かったので、毎日テッペン(深夜0時)は超えて、後半はピリピリ状態でやってたので、このまま本番をちゃんと迎えられるのかなっていう感じもあったんですけど、本番はバッチリ全員ピタッと合わせて、さすがプロだなって思いましたね。

■ 大事なアイテムを忘れた本番で「『笛がない笛のカッコいい吹き方』ってなんだ」

――舞台中に忘れ物をしたとお伺いしましたが…。

初日で、一回目の公演でしたかね。笛が結構大事なものなんですけど、それを忘れて…。一回目はここに入れてたんですけど、立ってやってるうちに落ちちゃってたんですけど、落ちてることに気付かなくて取ろうと思ったらなくて、「どうしよう」と思って、思わずバッと隠してそこは難を逃れたんです。

その次に出ていくときに笛が必要だったのにテンパりすぎて忘れて、また笛を持って行かずに、戦いのシーンで吹くところがあるんですけど、「うわーない、笛がない、どうしよう」と思って。『笛がない笛のカッコいい吹き方』ってなんだって考えて、「こうでもないし…こうでもないし、どうしよう」と思って、「もう分からないから雰囲気で!」っていう。

とりあえず隠しておけばなんとかなるかなっていうので逃れたんですけど、そのあとにキャストの全員に大爆笑されました。演出の亜門さんからは何も言われず、キャストのみんなからツッコまれました。

※高橋大輔の「高」は「はしごだか」が正式表記(ザテレビジョン)

最終更新:11/7(木) 19:12
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事