ここから本文です

アイスダンスに転向する高橋大輔「個性的で独特な…唯一無二のカップルになれたら」と決意を語る

11/7(木) 19:45配信

ザテレビジョン

高橋大輔の主演舞台「氷艶hyoen2019―月光かりの如く―」のトークショー&先行上映会が、11月6日に東京・TOHOシネマズ 日比谷で開催。主役の光源氏を演じた高橋が登壇し、同作の見どころや撮影エピソード、アイスダンス転向について語った。

【写真を見る】カップルを組む村元哉中と共演した「氷艶2019」について語る高橋大輔

「氷艶」は、フィギュアスケートならではの美しくしなやかな演技と感情表現を通じて、今までにないような、日本文化を伝える艶やかな舞台をつくっていきたいという想いが込められたアイスショー。

「氷艶 hyoen2019ー」は、宮本亜門演出で7月に横浜アリーナで上演され、世界最古の長編小説といわれる「源氏物語」を幻想的に演じ、3日間で45,000人の観客を魅了。9月にはBS日テレとBS日テレ4Kで、10月にはCS放送・日テレプラスで放送され話題を集めた。

さらに12月29日(日)~31日(火)の3日間にわたり全国の映画館の大スクリーンで上映する「ディレイ・ビューイング」を行うことが決定。開催に先駆け、主演の高橋が登壇する先行上映会と作品を振り返るトークショーが行われた。トークショー後半では、アイスダンス転向への思いを語った。

※高橋大輔の「高」は「はしごだか」が正式表記

■ 「ストーリー性のあるものを作るときって、一人では何もできない」

――アイスダンスへの転向…なぜ挑戦しようと思ったのでしょうか。

アイスダンスには元々すごく興味があったんです。現役を一度引退してからアイスショーに出たりとか、いろんなことをやらせていただく中で…この「氷艶」もそうなんですけど、ストーリー性のあるものを作るときって、一人では何もできないですし、組んだりすることがすごく必要だなって3~4年の間にすごく肌で感じていて。

タイミングよく、村元哉中(むらもと かな)ちゃんからオファーもあったりとか、自分自身のこれからのキャリアという意味でも、このアイスダンスっていうのは自分にとって必要なものなんじゃないかなっていう風に感じたっていう、いろんなものが重なって。

本当は、引退して趣味でちょっとやろうかなって思ってたくらいなんですが、本気で一度やらせてもらいたいなって決意しました。

■ アイスダンスは「今までやってきたスケートとは違う感覚、まったく別物」

――村元さんとは「氷艶」で共演されてますよね、これがきっかけなんでしょうか。

その前から話はしてたんですけど、「氷艶」のときたまたま一緒に合宿もあるのでそこでちょっと、一緒にまだ組んだことがなかったので、「トライアウトしてみよう」って。

ただみんなには言えなかったので、7時から練習なんですけどその前に、みんなが来る前に終わらせて何事もなかったかのようにしていました。

そこで一瞬トライアウトさせていただいたりとかして、今までやってきたスケートとは違う感覚、まったく別物だって感じて。一人では感じられない体感っていうのを感じられたので、すごい面白いと思って。

そのときはバタバタしてたので普通に稽古に入ったんですけど、ちょっと落ち着いてから、「そういえばトライアウトしたけど哉中ちゃんどうだった?」って聞いて、「僕はすごく面白かったんだけど」って言ったら、じゃあやりますかっていうことになって、「氷艶」期間中に決めました。

本当はシングルを終えてから発表しようかなと思ったんですけど、その前に練習もなかなか2人ですべるのは…練習場所を確保するのも難しいですし、いきなり「アイスダンスします」って言うとみなさんびっくりされるかなっていうので、先に発表させていただいて。

全日本選手権がシングルとしては最後…最後かどうかも分からないですけどね。一応とりあえず最後にして、次アイスダンスに向き合う…っていう、応援してくださる方の心の準備も必要かなっていうところもあって、先に発表させていただきました。

■ アイスダンスの魅力は「一人じゃ体感できない部分」

――アイスダンスの面白さはどこにあるんでしょう。

口で言うのは難しいんですけど、一人で傾くにしても…一人だとある程度限界があるじゃないですか。でもここに相手がいるとお互い引っ張れるから結構もっといけたりとか。お互い力を引っ張り合ってるので、ここからこんなスピード感が出るのか、とか。

スケーティングだけでいえばそういったところも、一人じゃ体感できない部分でもあるんですけど。リフトとかスピンとかまだやってないので、そうしてくるとどんどん新しい感覚が増えてくると思うんですけど、まだスタートはしきってないので。こんな感じなんだってすごく面白くて、マスターしたいなっていう気持ちになりました。

――高橋さんならではの華麗なステップが生かせるのでは。

いやー、でも一人でやるのと二人でやるのは全然違うので、生かせたらいいなとは思いますけど。今の自分自身のスケートっていうものじゃないものになると思います。それが皆さんの好みに合うかどうかは分からないですけど(笑)。自分の新しい姿だったり可能性だったりっていうのはそこから生まれると思うので、僕としてはすごく楽しみではあります。

――これまでも自身の試合のあとに、アイスダンスも見られていたんですよね。

そうですね、結構好きで、長野オリンピックからアイスダンスが好きでずっと見ていました。

■ 「唯一無二のカップルになれたらいいな」

――目標の選手、カップルは?

目標まではいかないですけど、グウェンダル・ペーゼラとマリナ・アニシナのフランスのカップルが、僕の中ですごい憧れで。長野オリンピック銅メダリストで、ソルトレイク金メダリストですよね。めちゃめちゃカッコいいんですよ。個性的で独特な…ああいう唯一無二のカップルになれたらいいなとは思っています。

■ 村元哉中の魅力は「動きのラインがきれい」

――カップルを組む村元さんの魅力は?

ラインがきれいなんですよ、動きの。あとは髪の毛一本まで…すべてに意識が、指先まですべてを意識して表現している、それゆえにいろんなものが表現できるんじゃないかなっていうような…幅を感じるというか、魅力的なスケートをするというか。ちょっと上手く言えないんですけど。

簡単にいうと、ファンです(笑)。スケーターの中でも表現という部分ですごく大ファンで。

シングルのときから本当にすごくいいものを持ってるなって思っていましたし、ステップの体の使い方は浅田真央ちゃんにも似てるなって、「この子は表現の能力がすごくあるんだな」って感じていました。アイスダンスに転向してから、より一層開花されたなって思ってて、よかったなと。まさか自分が組むとは思ってなかったですけど(笑)。

■ 「哉中ちゃんじゃなかったら『アイスダンスやろう』と思わなかった」

――一緒にやりませんかというオファーがあったときはどんな気持ちだったんでしょうか。

最初は、哉中ちゃんはもっと上手い人と、背の高いスタイリッシュなすばらしい男性と組んだ方がもっと映えるんじゃないかなと思っていて。

クリス・リードと別れて「次いいパートナーが見つかればいいな」と思っていましたし、もっとどんどんこれから活躍できると思っていたので、「僕じゃダメじゃない?」って最初はそこで悩みました。僕がどうのこうのより、僕じゃない方がいいと思っていたんです。

でも、哉中ちゃんじゃなかったら「アイスダンスやろう」っていう風には思わなかったと思います、競技として。それくらい彼女のスケートが好きだったので。

■ オリンピックは「不可能に近い」が「目指してやっていきたい」

――目指すのは2022年の北京オリンピックでしょうか?

いやー(笑)、あの、めちゃくちゃ…ほぼ…不可能に近いくらいのところなんですよ、パーセンテージでいうと。2%くらいなんですよ、いけるかなっていうのは、頑張って。

だけどそこはやっぱり大きな目標にして、お互い一つの目標にして…一つの目標がないと一緒にやっていくのは難しいからそこは目指すっていうので頑張っていこうかっていう話はしてるんですけど。お互い大変なことだと思っているので簡単にはそうとは言えないですけど、そこは目指してやっていきたいなと思っています。

大丈夫ですか? 早口すぎて聞こえてますか?(笑)

■ 「氷艶」では「“自分の知らない自分”を知ることができました」

――アイスダンスに転向されても「氷艶」には今後も出られますか?

第3弾…そうですね。僕はこの「氷艶」を通じて、第一弾の『破沙羅(ばさら)』のときも歌舞伎の方とやらせていただいて新しい世界が見られましたし、今回『-月光かりの如く-』でもまた、さらに“自分の知らない自分”っていうのも知ることができました。

この「氷艶」を通じて、新しい発見がたくさんあるのでぜひやれたらいいなと思いますし、それにはこうやって来てくれるお客さんがいないとなかなかできないので、見たいっていう要望を大きな声で出していただければ、ぜひ僕自身も「氷艶」には思い入れがありますので、ぜひやりたいなと思います。(ザテレビジョン)

最終更新:11/7(木) 19:45
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事