ここから本文です

「話がつまらない人」と面白い人の決定的な差

11/7(木) 5:50配信

東洋経済オンライン

会議でも、営業先でも、一生懸命プレゼンしているのに、なかなか伝わらないし、共感や賛同を得られない。そんなうまくいかない「壁」を前にして、「どうせ自分は……」と諦めてしまっていることはないだろうか?  そして、その原因が自分のコミュニケーション能力が劣るからでも、努力が足りないからでもなく、相手に対するアプローチの方法が間違っているだけだとしたらどうだろう? 
今回は初の著書となる『うまくやる ~コミュニケーションが変わる25のレッスン~』を上梓した、クリエイティブディレクターであり大学講師の熊野森人氏が、ちょっと意識するだけで「つまらない話がわかりやすく魅力的な話へと変わる」コミュニケーションのポイントを解説する。

この記事の写真を見る

■例えるときは相手が知っていることで! 

 私はクリエイティブディレクターという仕事柄、たくさんの人とお会いしますが、どんなに難しい分野のお仕事をされていても、スマートな人に限って、わかりやすく、やさしく、かつ面白くお話しくださいます。

 今回はそのような方たちがどんなふうにお話をしているのか?  そのポイントを紹介していきたいと思います。

 まずはテクニックから。よく聞き上手は話し上手などと言われますが、例え上手も、聞き上手に勝るとも劣らないコミュニケーションテクニックと言えます。

 例えるというのは、じぶんがわかっていても、相手がわからない場合に、その相手がわかるようなものに、形を変えて説明することです。その道の一流と言われる人は例え話もわかりやすいものです。では、わかりやすく例えるにはどうしたらいいのでしょうか? 

 例えるコツは、相手が知っているであろうことで細かく伝えるということが大事です。

 ただそう言われてもパッとできるものではありませんよね。ただ、次の3ステップを踏めば、誰でも大体は例えられるようになります。

ステップ1:例えるものを、色、形、音、香り、手触り、味など五感に分解し、色なら同じ色のものを集めます。
ステップ2:次にその中から特に似ているものを選びます。このタイミングで、相手の年齢や性別、性格などを考慮したうえで伝わるものなのかどうかを思案します。
ステップ3:伝わるだろうなと思うベスト3の1位から順に相手に説明していきます。

 では、実際に日本の蕎麦をまったく知らない外国の方に、蕎麦を説明する場合を考えてみましょう。みなさんも頭の中で例えてみてください。

1/3ページ

最終更新:11/7(木) 5:50
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事