ここから本文です

原監督は負けて何に気づいたか/廣岡達朗コラム

11/8(金) 11:01配信

週刊ベースボールONLINE

まるで安倍政権のようだ

 日本シリーズで巨人が4連敗を喫した。エラーはする暴投はする、それを見て私は納得した。監督、コーチが選手を教えていないということが、そのまま表に出たのだと……。

野村克也が語る「2019日本シリーズ」

 我々の時代には人工芝がなかった。グラウンドの土の状態を見て、イレギュラーバウンドの角度まで鋭角か鈍角かと想定したものだ。いまや、その必要すらない。遊んでいても来た打球を捕ればいいんでしょ、という感覚。時代は一見進歩したように見えても、人間としては堕落していることに気づくべきだ。

 今年の日本シリーズではスローイングのミスがいくつも見られたが、悪送球に対して、なぜいまの野手は体で前に落とさないのか、内野手出身の私は不思議で仕方がない。盗塁阻止のシーンでも、捕手の送球が少しそれたらセンターまで抜けてしまう。ベースに付くことなど二の次で、とにかくボールを前に落とせばいいのだ。

 巨人は、口うるさく言うコーチが入ったらガラリと変わる。人間というのはそういうもの。どういう捕り方をしようと結果オーライで「よくやった」と選手にお世辞を言っていれば、確かにコーチは選手に好かれる。そうではなく、「こうすべきだ」と言い切れるコーチが欲しいのだ。

 巨人とは対照的に、ソフトバンクにはキラリと光る存在がいる。今宮健太は体の真ん中で捕るように心がけていてスローイングも正確。私に言わせれば、野手で楽しみなのは彼一人だ。今季年俸が2憶6000万円というのはいささかもらい過ぎだが(苦笑)。

 原辰徳監督は父親(貢氏)が亡くなってから変わった。これがポイント。父親が生きていたときの原は立派だった。相談できる相手が父親で、こうあるべきということをおそらく教えられていたと思う。その後、父親が他界して原は堕落した。というより楽を覚えた。いまのコーチ陣は原のイエスマンばかりで、こうあるべきだと主張する人間が一人もいない。まるで安倍政権のようだ。

1/2ページ

最終更新:11/9(土) 15:40
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事