ここから本文です

増える“シャーロックドラマ”、人物名「もじり技」の妙

11/8(金) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 ディーン・フジオカが主演する月9『シャーロック』(フジテレビ系)が話題だが、“シャーロック”が登場するドラマはこれだけではない。それらの作品にはある特徴が…。コラムニストのペリー荻野さんが解説する。

 * * *
 そんなわけで月9ドラマ『シャーロック』は、フリーの犯罪専門コンサルタントの獅子雄(ディーン・フジオカ)が、精神科医の若宮(岩田剛典)とともに毎回、難事件に挑んでいる。先日放送された第五話では、感じ悪いパワハラ男(永井大)の部屋に致死量を超える大量の血痕が発見されたものの、死体はなし。死体が歩いた?などと騒がれる中、獅子雄は、関係者の家のゴミやインテリアをヒントに謎を解いた。

 獅子雄はマントのようなコートを着用し、バイオリンを奏で、ボクシングも大好き(第四話ではボクサーの失踪事件を捜査)というようにサー・アーサー・コナン・ドイルが生み出した元祖シャーロック・ホームズの嗜好を踏襲しているシーンも多い、元祖の相棒ジョン・H・ワトソンは元軍医で、若宮とはタイプは違うが、医学的知識があるのは共通していて、若宮は「あの包帯の巻き方は医療関係者のやり方」などとなかなかの観察力を見せたりする。元祖同様、シャーロックには女っ気もないようだ。ただし、さすがに受動喫煙に厳しい東京が舞台だけに元祖が愛してやまないパイプはなし。

 それにしても、近年、日本のドラマにはイメージも含めて“シャーロック”がよく出てくる。2016年、織田裕二が主演した『IQ246~華麗なる事件簿~』、昨年は世界で初めて女性コンビでドラマ化した竹内結子の『ミス・シャーロック』も話題に。そして、今回の月9ディーン版。そんな中、結構気になるのが、レギュラーメンバーの「名前」である。シャーロック・ホームズはもとより、ワトソン、スコットランドヤードのレストレード警部、宿敵モリアーティ教授など、元祖が生み出したキャラクターの名前をさまざまな形で織り込んでいる。

1/2ページ

最終更新:11/8(金) 16:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事