ここから本文です

19年10月は「無印良品」一人勝ち

11/8(金) 5:00配信

商業界オンライン

  消費増税導入スタートとなった10月は、月を通して暖かい空気に覆われ、上旬に至っては真夏日、猛暑日を記録。先月の台風15号に引き続き、台風19号が直撃、3連休初日に関東甲信地方を通過して各地で記録的な大雨となった。近頃の台風は大型化が特徴の一つで、現在も営業ができていない店舗があるように甚大な被害をもたらしてしまう。せっかく月末締めの企業は昨年比較で休日が1日多く、慶事もあり消費活性に期待したかったが、各社厳しい状況に陥ったようだ。

〈1位〉良品計画(既存店)売上高 105.4%*1、客数 114.8%、客単価 92.5%

【主要施策】無印良品は10月1日以降も価格を変えません。これからも消費税込み価格(写真参照)

【話題の取り組み】~10/8まで期間限定価格、~10/15まで期間限定価格、10/25~10/31まで無印良品週間(メンバー10%OFF)、

【注目アイテム】〔レディス〕新彊綿フランネルシャツワンピース(税込4990円)、〔レディス〕縦横ストレッチチノイージーセミフレアスカート(税込4990円)/〔メンズ〕新彊綿フランネルスタンドカラーシャツ(税込2990円)

  月を通して気温が例年よりも高く推移、また台風や大雨の影響による営業の短縮や休業も発生したため、月末には追加で「無印良品週間」を開催し、売上げの底上げを図った。衣服・雑貨では主力商品の「新疆綿フランネルスタンドカラーシャツ」やウールシルクのニットが堅調に推移。生活雑貨ではベッド、ソファなど大型商品が前月の反動により、売上げが伸び悩んだが、今シーズンより価格を見直し、お求めやすくなった毛布や布団、キッチン用品、スタンドファイルボックスの売上げ増で売上げを下支えた。

〈2位〉ユニクロ(既存店*2)売上高 98.1%、客数 105.6%、客単価 92.9%

【主要施策】エンジニアガーメント・フリースコレクション/JWアンダーソン秋冬企コレクション

【話題の取り組み】自社ダウンジャケットリサイクル

【注目アイテム】〔メンズ〕エンジニアガーメント・フリース長袖プルオーバー(税抜1990円)、〔メンズ〕エンジニアガーメント・フリースコンビネーションジャケット(税抜3990円)/〔レディス〕:ポリエステルサテン・ギャザーロングスカート(税抜2990円)

 9月に続き、例年より気温が高く台風などにも見舞われ、アウターを中心に冬物の動きが鈍かった。スマートフォン決済サービス「PayPay」を使ってヒートテックを購入するともう1枚が無料でもらえるキャンペーンを実施したこともあって客数増だった。ダウンやフリースなどでテレビCMを大量投入したが、「ハイブリッドダウンアウター」や「エンジニアドガーメンツ」と協業したフリースなど話題性のある商品だけが売れ、冬物全般としては伸び悩んだ。その結果、2カ月連続で前年同月を割り込んでしまった。

〈3位〉アダストリア(既存店)売上高 94.8%、客数 92.7%、客単価 102.3%

【主要施策】GLOBAL WORK Halloween (ハロウィンカタログ配布、お菓子プレゼント等)

【話題の取り組み】×アクロン洗剤コラボ(グローバルワーク)、新ラインNA TOKiiデビュー(ニコアンド)

【注目アイテム】〔レディス〕配色ワイドボアブルゾン(税込7590円)、〔レディス〕21Wコーデュロイフレアワンピース(税込6490円)/ 〔メンズ〕ソフトツイストウラケフ-ディ(税込4290円)

 10月は気温が高めに推移して冬物衣料の立ち上がりが緩やかだった他、全国各地での大型台風・大雨が週末の客数に影響した。アイテム別ではパンツ類、長袖のカットソーなどが売上げの中心となり、ストールやブランケットなど季節の雑貨商品の売れ行きが伸長。ブランド別ではローリーズファーム、レイジブルー、ベイフロー、ページボーイなどが好調に推移した。

1/3ページ

最終更新:11/8(金) 5:00
商業界オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事