ここから本文です

【Japan Data】どうなる、五輪マラソン!? : ベースとなるらしい北海道マラソンコースを概観

11/8(金) 11:12配信

nippon.com

オリンピックの目玉競技でもあるマラソンが、東京ではなく札幌で開催されることが決まった。札幌の中心部にある大通公園を発着点とする「北海道マラソン」のコースをベースに検討が進められているというが、ランナーが心折れるという難所もある。北海道マラソンのコースを概観する。

北海道マラソンは、日本国内で唯一、夏に行われるフルマラソン大会。1987年にわずか439人のエントリーで始まったが、現在では約2万人が参加する国内でも有数のマラソン大会となった。

夏開催の五輪や世界陸上に照準を合わせて、日本のトップクラスのランナーが出場することでも知られる。1995年大会では、バルセロナ五輪銀メダリストの有森裕子選手が出場し、翌1996年のアトランタ五輪の出場の代表切符をつかんだ。2020年五輪の女子マラソン代表に内定している前田穂南選手と鈴木亜由子選手はそれぞれ17年、18年の北海道マラソンの優勝者だ。

北海道マラソンのコースは札幌市の中心部を東西1.5キロメートルにわたって貫く「大通公園」がスタート地点。札幌のランドマーク「さっぽろテレビ塔」の電光時計のカウントダウンでスタートするのが恒例となっている。

大通公園は1871(明治4)年、札幌中心部を南北に隔てる防火帯として設置されたもの。ライラックやハルニレなど92種、約4700本の木々と花壇や芝生が整備された都会のオアシス。冬の「さっぼろ雪まつり」の会場として知られるが、夏は7月下旬から約1カ月にわたって「さっぽろ夏祭り」の会場となる。期間中、公園内には1万3000席のビアガーデンが出現。道内各地の名物料理や世界の地ビールの屋台が並び、北海道の短い夏を楽しもうと、連日、多くの市民や観光客でにぎわう。

五輪のマラソン競技は、ビアガーデンの開催期間と重なることが予想されている。ゴール地点の確保や、警備の都合でビアガーデンが縮小や中止に追い込まれることを市民は恐れており、SNS上では「札幌の夏の楽しみを奪わないで!」と悲鳴のような声が上がっている。

コースはまず市内を南下する。札幌随一の繁華街「すすきの」を通り抜けた先には、正面に緑豊かな中島公園が待ち構える。その先の幌平橋の上からは、ゆったりと流れる川辺の風景が目を楽しませてくれる。

約5キロに南下したところから、再び、札幌市中心部に向かって北上する。観光名所である札幌時計台のそばを通過し、札幌駅の北側に抜ける。

1/2ページ

最終更新:11/8(金) 11:12
nippon.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事