ここから本文です

【今さら聞けない】スポーツカーから高級車まで幅広く採用される「可変ダンパー」って何?

11/8(金) 6:22配信

WEB CARTOP

ダンパーの役割はタイヤのストロークスピードを調整すること

 サスペンションの役割は、路面の凹凸や荷重移動に合わせてタイヤをストロークさせて、つねに接地性を高く保つこと。そのサスペンションの動きは基本的にスプリングとダンパーで決まる。

続々と増え続けているドライブモードの中身とは

 簡単にいうと、路面からタイヤに入力があったとき、あるいはタイヤに荷重がかかったときに、その力に対しどれだけサスペンションをストロークさせるか、ストローク量を決めるのはスプリングの役目。そのストロークスピードをどのぐらいにするのかを決めるのがダンパーの役目だと思えばいい。

 ダンパーは本題のチューブの中にオイルが満たされていて、サスがストロークすると、そのオイルの中を小さな穴の開いたピストンが上下し、そのピストンをオイルが通過する抵抗で、サスが動こうとするスピードをコントロールする仕組みになっている。

 したがって、オイルの通路=バルブ径が大きければ、サスは動きやすくなって乗り心地はマイルドに。しかし、あまりダンパーのセッティングがソフトだと、ブレーキやコーナリングで、車体がピッチングやロールを起こすとき、クルマが一気に傾き不安定になるし、凹凸に対してもいつまでもフワフワした感じが収まらず具合が悪い。

可変ダンパーは硬さを走行シーンに合わせて変更することが可能!

 というわけで、操縦安定性を重視するなら、ダンパーはある程度硬い方が望ましい。そのダンパーの硬さは、前述の通り、ピストンのオイルの通路、バルブ径の大小で決まり、これまではファミリーカーやコンフォートカーは、乗り心地重視のソフトなダンパー。

 スポーツカーは、操安性重視の固めのセッティングと、用途に合わせつつどこかで、ダンパーの硬さを妥協するしかなかった。

 可変ダンパーというのは、その固定されていたダンパーの硬さを走るシチュエーションやドライバーの好み合わせて、あるレベルの範囲で任意に変更できるダンパーのこと。

 とくに最近のプレミアムカーに増えている、電子制御式の可変ダンパーは、ダンパーの硬さを決める、オイルの通路に電磁力で動くリニアソレノイドを用いた減衰力可変バルブを採用することで、スイッチひとつでオイルの通路を太くしたり細くしたりすることを可能にしている。

 基本的には、ハード、ノーマル、ソフトといった具合に、ダンパーの硬さを選べるプリセット方式と、車速や路面、走行状況に合わせて、コンピュータが自動的に硬さを調整する2つのタイプがある。

 メーカーとしては、リニアでシームレスな減衰力の調整が可能な後者のタイプを目指して、開発研究を進めているところだが、制御が高度になればなるほどコストがかかるという問題も……。

 また、サスペンションのセッティングは、ダンパーだけで決まるのではなく、スプリングの働きも非常に大きい。したがって、ダンパーだけ可変になっても、スプリングが固定式では、どこでも乗り心地と運動性能を両立させるという夢のサスペンションは、未完成といえる。しかし可変ダンパーの可能性は大きく、究極のサスペンションに近づく大事な要素であるのは間違いない。

藤田竜太

最終更新:11/8(金) 6:22
WEB CARTOP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事