ここから本文です

“薬物依存”に苦しんだ有名人の息子…きっかけは「高学歴の真面目な友人」だった

11/8(金) 11:51配信

PHP Online 衆知

薬物での事件が報道されるたびにその名が伝えられる「ダルク」。民間による薬物依存症リハビリ施設であり、Drug Addiction Rehabilitation Centerの頭文字を合わせた造語で、全国各地に約70箇所ほど存在している。

現在、千葉県の館山ダルクの代表を務める十枝晃太郎氏は、自身もかつて重度の薬物依存症に苦しんだ入所者の一人だった。現在では薬物を断つことに成功し、同団体で同じ境遇に苦しむ人たちのサポートを献身的に続けている。

そんな十枝氏が自らの体験を基に薬物依存者の実態と更生について赤裸々に記した著書『私は世界中から命を狙われていました』より、十枝氏自身が薬物に溺れていくきっかけを伝えている。本稿ではその一節を紹介する。

※本稿は十枝晃太郎著『私は世界中から命を狙われていました  館山ダルク代表が語る薬物中毒の真実』(インプレス刊)より一部抜粋・編集したものです。

高校を退学し就職も、仕事は楽しく真面目に働く日々

ご存知の方もいるかもしれませんが、僕の母親は歌手で、母子家庭でした。そんな家庭環境を理由にしたつもりはないのですが、結果として子供の頃にグレていました。

中学の頃から家を溜まり場にして喫煙をしたりアルコールを飲んだりしていて、もちろん勉強の成績は平均に届きません。勉強をすることが嫌いで、かろうじて定時制高校に入学できましたが、ろくに登校もせず、あっという間に退学しました。

そんな人間でしたので、ろくな就職もできませんでした。僕には14歳離れた弟がいるのですが、だんだん「弟に悪影響を与える兄貴」として疎まれていきましたアルバイトも続かず、かといってまともに就職もできず腐っていた時に、親戚が経営している空調設備の仕事を母に紹介されました。

家にいてもグダグダなので、家を出てそこに住み込み働くようになりました。16歳でした。

ちょうど時はバブル時代。大型ビルの建設ラッシュで、新宿の新都庁の建設も始まった頃です。僕が働き始めた会社も都庁の仕事を受注していたので、泊まり込みの日もあるくらいに毎日大忙しでした。

朝5時くらいに起き、7時に現場に着き、そのまま17時まで空調を付ける仕事をしました。すごく健康的でした。

身体が小さい分大変でしたが、身体を動かすことが好きでしたので、仕事自体は嫌いではなかったのです。3年くらい真面目に働いていて、このままこの仕事に就くのだろうな……と思っていました。

1/2ページ

最終更新:11/8(金) 13:23
PHP Online 衆知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事