ここから本文です

【中国風刺画コラム】デジタル版「毛沢東語録」は文革時代の紙版よりも恐ろしい

11/8(金) 18:46配信

ニューズウィーク日本版

<習近平国家主席の指示や談話が大量に収録されたアプリ「学習強国」は、クイズに解答したポイントで忠誠度まで評価される>

世界でよく売れている本といえば、1番目は『聖書』、2番目は「紅宝書」。紅宝書とは『毛沢東語録』のことだ。

ポケットサイズで赤いビニールカバー、持ち運びしやすく汗にも強い。文化大革命時代は紅宝書を学ぶことが国民としての義務で、誰もが1冊持っていた。毎日朗読し、暗記し、どんな場面でも語録の言葉を引用しなければならない。仕事の報告書を書くときはもちろん、ラブレターを書くときも。

1976年に毛沢東が死去し、10年間の文化大革命が終わると中国人は紅宝書から解放された。その後の40年間、経済発展に没頭し、紅宝書の時代は過ぎ去った遠い歴史だと思ったら、新バージョンがネット上に現れた。

それは共産党中央宣伝部と電子商取引大手のアリババが共同開発し、今年の1月1日から配信開始した「学習強国」というアプリだ。政府関係のニュースに加えて習近平(シー・チンピン)国家主席の指示、談話、画像が大量に収録されている。「学習強国」という名前は、「習に学んで強国になる」の意味。習近平思想を学び、クイズに答えてポイントを稼ぐ仕組みで、ポイントが高くなるほど習近平への忠誠度も高いと見なされ、仕事の業績の一部として評価される。

1月に配信開始されたとき、使用を義務化されたのは共産党員と各地の政府職員だけだった。ところが8月になると、メディアの記者にもそれが及んだ。アプリのテストに合格した人しか記者証を発行しないという規定が作られたのだ。

初めはかなり抵抗感を持つ人もいた。だが実際に使ってみると音楽、映画、歴史など多彩な文化講座を無料で楽しむことができ、獲得ポイントは観光スポットの入場割引や商品割引に使える。みんな何となく慣れてきたらしい。

バージョンアップされた新しい紅宝書はずいぶん楽しそうだが、国民の思想統制という核心は毛沢東時代のものと全く同じ。むしろ、この進化したデジタル版のほうが恐ろしい。そのうち、国民の義務として全ての中国人はこのアプリを使用しなければならなくなるかもしれない。かつての『毛沢東語録』と同じように。

【ポイント】
共産党中央宣伝部
党のプロパガンダ機関。国内のあらゆるメディアを監視するが、2018年の機構改革で報道・出版・映画を直接監督するようになった。

アリババ
中国の電子商取引最大手。1999年に馬雲(ジャック・マー)が創業。ネット通販やオークション、オンライン決済などに事業を広げた。マーは共産党員でもある。

<本誌2019年11月12日号掲載>

ラージャオ(中国人風刺漫画家)/唐辛子(コラムニスト)

最終更新:11/8(金) 18:46
ニューズウィーク日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事