ここから本文です

石井美保式【摩擦ゼロ洗顔】究極の3STEP!

11/8(金) 19:32配信

VOCE

酷暑ダメージが肌で猛威を振るい出した今、「見直すべきは洗い方」と石井さん。そこで彼女の美肌メソッドの核である洗顔法を全力取材!

【摩擦ゼロ洗顔】のレッスン動画

■教えてくれるのは……

トータルビューティサロンRiche代表
石井美保さん
美容家。トータルビューティサロンRiche代表。くすみや毛穴悩みを克服したみずからの経験をベースにした美容カウンセリングが大人気。その実績はのべ1000人以上!

どの肌タイプでも失敗なし!【石井式 摩擦ゼロ洗顔 -基礎編-】

石井さんのきめ細かくて透けるような白肌を叶え、何人もの肌を美しく変えてきた独自の洗顔メソッド。その基本ポイントをマスター。

■使用したのはこちら

泡タイプのクレンジングなら摩擦レス

(左)「きちんと落ち、あと肌はつっぱらないものを」と石井さんが2年かけて開発。
パーフェクショネール クレンジングフォーム 150ml ¥4280/Riche

(右)「弾力ある泡でメイク落ちも◎」
ラディアンス フォーミング クリーム 125ml ¥11800/シスレージャパン

肌に対し手を垂直に動かすだけ! 究極の3STEP

1.洗顔もクレンジングも“6プッシュ泡で押し洗い”【洗う・30秒】
摩擦や洗浄成分による刺激をミニマムにするには、クレンジングもできる濃密な泡洗顔料がベスト。

たっぷりの泡を両手にとったら、顔全体に泡をギュギュッと押しつけるように広げます。このとき手を横にすべらせたり、くるくるするのは×。泡の圧で汚れを押し出すイメージで、もふもふと垂直に押すのがポイント!

2.ぬるま湯で30~50回“あてすすぎ”【すすぎ・2分】

洗浄成分が肌に残るとバリア機能を壊し、乾燥をすすめてしまうので、すすぎはしっかりと。ぬるま湯を手にすくい、洗い流すというよりも、肌をこすらないように優しくあてるだけ。正面10回、顔を横に傾け左右各5回ずつ。額にも同様に5回あて、フェイスラインなどに泡が残っていたら追加して。

≪摩擦レスすすぎの心得≫

●シャワーを直接あてるのは、刺激が強すぎるので論外!
●お湯もダメ。必ずぬるま湯=冷たくない水ですすぐこと
●手にすくい、肌に水を優しくあてるだけ。これを繰り返す
●フェイスラインは顔を横に向けて、同じようにあてるだけ
●必ず鏡を見て。泡が残っていたら同様に水をあてて、落とす

3.ふわふわタオルでぽんぽんふき

「洗いとすすぎの段階では完璧でも、ふくときに肌をこすっては台無し。バスタオルや手ふきを流用せず、顔専用に肌あたりのやわらかいふわふわタオルを用意して。ぽんぽんと優しく肌にあて、水滴を吸い取るようにふいていきます」

タオルも摩擦のもと。美容液と思って投資して
ふんわり心地よく、吸水性も抜群。
シルク超長綿リバーシブルタオル ウォッシュタオル ¥2300/ファイバーアートステューディオ

最終更新:11/8(金) 19:32
VOCE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事