ここから本文です

田代まさしの事件で思い出す、三田佳子次男のこと。クスリにハマる有名人に「やすらぎの郷」はあるか

11/8(金) 23:00配信

BEST TIMES

■田代まさしの事件で思い出す、三田佳子次男のこと。クスリにハマる有名人に「やすらぎの郷」はあるか

 田代まさしが逮捕された。クスリ絡みでは、4回目の逮捕だ。ほんの3ヶ月前には「バリバラ」(Eテレ)の「教えてマーシー先生」と題された回に出演、薬物依存の怖さを語っていた。今回の件で、それをまた身をもって示したことになる。

この記事の写真はこちら

 その1年前、同様にその怖さを知らしめたのが高橋祐也、いわゆる三田佳子次男である。最近、脅迫の容疑でも逮捕されたが、クスリでの逮捕はやはり計4回。田代と違うのは初犯が18歳と早く、そこには二世タレントという境遇が関係していると考えられるところだ。

 何せ、母親の三田佳子はバブル期の日本で長者番付「俳優・テレビタレント」部門のトップに君臨し続けた人。高校生の次男にも毎月50万円もの小遣いを与えるなど、常人離れした子育てがその非行を招いたと批判された。

 とはいえ、彼女が子供とのふれあいをしていなかったわけではない。91年に「週刊明星」でインタビューした際、こんな話をしてくれたものだ。

「最近ね、下のチビが将棋を始めたんですよ。いえ、べつに『チビ』って呼んでるわけじゃないですけどね(笑)。名前を出すのもアレかなと思って。で、その子が『ママ、将棋できるか』って言うから、困ったな、ああいうの好きじゃないんだよなーと思いつつ、でもいいや、コミュニケーションだからって、相手になってるんですけど、駒の動きがよくわかんないでしょ」

 当時、次男は11歳。「ママはもう、天才的にダメだね」と笑っていたというが、この7年後、不祥事で名前が出ることになるわけだ。

 ただ、この取材で何より印象的だったのは、三田本人の多忙ぶりである。インタビューは2時間の予定だったが、前の仕事が押したとかで、1時間半くらい待たされた。しかも、到着後はメイクや撮影があり、実質15分ほどで5頁もの記事を作るハメに。それでも、不思議と腹が立たなかったのは、いかにも大女優然とした彼女の天然キャラのおかげだが、やや心配にもなった。すなわち、こういうちょっと抜けた感じの人がこんなに多忙で、家庭のことなどちゃんとやっていけるのだろうか、と。

 それゆえ、次男の不祥事にはむしろ、やっぱりなという感想を抱かされたものだ。NHKの要職を務めた、三田の夫ともども、子育てについては行き届かないところもあったのだろう。実際、祖父母や家政婦に任せていた部分も大きかったようだ。

 ちなみに、親子関係のカウンセラーによれば、有名人の二世の場合、幼少期のコミュニケーション不足が生じやすく、親が「家にいられない罪悪感」を「お金で償う」ような姿勢をとりがちだという。それが子供の「何かに依存しやすい」性格につながるのだそうで、三田と次男はその典型にも見える。たまに将棋をやる程度では、不足を補えなかったのかもしれない。

1/2ページ

最終更新:11/8(金) 23:00
BEST TIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事