ここから本文です

宇垣美里、コスプレ絶賛も地上波レギュラー0は「民度が知れるわ」発言の代償か

11/8(金) 21:30配信

週刊女性PRIME

「もう少し跳ねると思ったけど……」

 知り合いの制作会社のAP(アシスタントプロデューサー)が、酒席でつぶやいた。宇垣美里のことである。

【写真】宇垣のガチコスプレの数々、魔法少女まどかマギカ、セーラームーンなど

 3月いっぱいでTBSを退社。4月から上戸彩や米倉涼子を抱えるオスカープロモーションに所属し、華々しくタレントに転身した。それから半年がたった。

 企業のPRイベントには頻繁に出演し、ワイドショーの短い芸能コーナーに花を添えている。特に、6月までの3か月分を確認しただけで、8つのイベント出演がオンエアされるハイペースぶり。

 7月にはイベントで『進撃の巨人』のヒロイン、ミカサ・アッカーマンのコスプレを披露し「再現度高すぎ」などとSNSで絶賛を浴びた。歯に衣着せぬ物言いも「正直で面白い」と評判を呼んだ。

 しかし、去る10月の改編期、さらなる飛躍を見せるかと思われた宇垣だったが、新たなレギュラー番組を担当することはなく、従来のラジオ2本のみだった。

「局アナがフリーになる場合、半年後が勝負になります。最近は形骸化してきましたが、もともといたテレビ局への義理などもあり、すぐに他局に出る例はあまりありません。そのぶん、半年後に他局でレギュラーが取れるかが大きな分岐点になる。来年になれば、またフリー転身の女子アナが出るでしょうから、新鮮味ではかなわないですし」(テレビ誌ライター)

 確かに、同じTBSからフリーに転身した田中みな実は、退社半年後の2014年10月期にフジテレビでレギュラー番組を獲得(『ニュースな晩餐会』)。宇垣と同時期にTBSからフリーとなった吉田明世は、4月からいきなり関西テレビ『レディース有吉』にレギュラー出演し、活躍の場を広げた。

まさかのネットスラング「民度」を使った宇垣美里

 それに比べて鳴り物入りで芸能界入りした宇垣への逆風。そのきっかけは、いくつかの出演番組の発言などに見て取れる。

 例えば、今年7月に放送された『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)にゲスト出演した際には、宇垣の名前を一躍有名にしたTBS時代の“事件”について触れた。

「レギュラーで出ていた『あさチャン』(TBS)からの降板をプロデューサーから申し渡され、壁にコーヒーをぶちまけた」という一部報道について質問され、「『あなたからもらったコーヒーは飲めません』と流しに捨てた」と真相を明かした。

 さらに、「(この話が)外に出ていることのほうがおかしい。私とプロデューサーの間の話が外に出ている時点で(TBSの)民度が知れるわ、みたいな感じがした」と古巣TBSをバッサリ。

 さらに、「サッカー番組で共演していた加藤浩次に『台本を見すぎ』と指摘され、台本を投げ捨てた」というエピソードもあっけらかんと公開。そのうえで「ナメられたくないですね。ナメられるくらいなら『やってやるぜ』がメンタルとしてある。ナメられたら殺される」と言い放ち、松本人志から「芸能界はそんな殺伐とした世界じゃないよ」と、たしなめられる始末だった。

1/2ページ

最終更新:11/11(月) 18:51
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事