ここから本文です

宇垣美里、コスプレ絶賛も地上波レギュラー0は「民度が知れるわ」発言の代償か

11/8(金) 21:30配信

週刊女性PRIME

 放送後、「正直で面白い」という評価の裏で「口が悪すぎ」「勘違いしている」とネット上で賛否が渦巻いた。

 局アナ時代からの“スキル”に対する疑問を呈する声もあがっている。

 8月に放送された読売テレビ『特盛!よしもと』に出演した、TBSの先輩アナだった吉川美代子は、宇垣について、「アナウンサーよりはタレントとして頑張って!本当に、なんで局アナの試験受けたのかな?」と首をかしげ「実力が伴って考え方がブレなかったら、アッパレだと思うんですけど……キャラが濃いぶん、飽きられたらちょっと怖いかな」と後輩に厳しい採点をつけた。

 この発言を受けた今田耕司も追い討ち。過去の共演経験を引き合いに「アナウンスもうまくないんですよ、進行とか。一緒にやったんですけど、間(ま)も悪い。アイコンタクトもできないし」とアナウンサー能力を疑問視した。

 テレビ誌ライターは「彼女の場合は、スタッフ受けの問題もあるのでは」と指摘する。「芸能人が仕事を獲得するポイントのひとつは、スタッフが『一緒に仕事したい』と思ってくれるか。だが、“コーヒー事件・民度発言”の印象が強い宇垣さんの場合、『ややこしい案件』と思われているのかもしれません」と話す。

 確かに、田中みな実はレギュラー番組のスタッフに手作りクッキーなどを差し入れるなど、気配り上手であることが知られている。

 そんな宇垣だが、大手プロダクション関係者は「プライドが高く、勝ち気というのは芸能人向き。キャラクターを強く押し出していけば、大きく伸びる可能性はある」と話す。

 実際、10月30日に放送された『太川蛭子の旅バラ』(テレビ東京系)に出演した際には、太川陽介に物怖じせず主張し、ピリピリした空気さえ漂わせた様子が反響を呼び、視聴率も同番組史上最高の8.1%を記録した。

 今回の太川のように、彼女の自己主張を“見せ場”に昇華できる、やり手のパートナーが見つかれば、化けるのかもしれないーー。

中西宏

2/2ページ

最終更新:11/11(月) 18:51
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ