ここから本文です

政策実現への高い壁 台頭する民主党リベラル派

11/8(金) 18:00配信 有料

週刊東洋経済

大統領選挙を控え、ウォーレン氏は民主党の有力候補に浮上しつつある(AP/アフロ)

<2019年11月16日号> 来年11月の米大統領選挙の投票まで、1年を切った。民主党の候補者を選ぶ予備選挙で支持を伸ばしてきたのが、リベラル色の強いエリザベス・ウォーレン上院議員だ。当初はその他大勢の1人にすぎなかったウォーレン氏。だが今では、同じくリベラル派のバーニー・サンダース上院議員を支持率で上回り、ジョー・バイデン前副大統領に並ぶ有力候補となっている。 本文:1,369文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込55

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

安井 明彦 :みずほ総合研究所 欧米調査部長

最終更新:11/8(金) 18:00
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る