ここから本文です

来場者激増、こんなに変わった東京モーターショー

11/8(金) 6:00配信

JBpress

 10月24日から11月2日までの12日間にわたり、東京モーターショーが開催された。

ベンツ「Aクラス」がセダン化した理由

 2年に1度開催される東京モーターショーと言えば、かつては200万人を超える入場者数を誇った自動車産業とクルマ好きの人々の祭典だったが、近年は人口減少や若者のクルマ離れなどの影響で来場者も減少。一昨年に開かれた前回の入場者は77万人という状況だった。

 この状況に特に強烈な危機感を持ったのが、東京モーターショーを主催する日本自動車工業会の会長である豊田章男・トヨタ自動車社長である。

■ 豊田章男氏のモーターショーにかける覚悟

 「このままでは東京モーターショーは終わってしまう」との思いから、モーターショーを単なる販売促進の場ではなく、未来の生活が体感でき、大人も子どもも楽しめる場へと大きく舵を切った。

 また、自らが登場する同社のテレビCMでも、オウンドメディア『トヨタイムズ』編集長の香川照之氏の取材を受ける形で、東京モーターショーの開催を積極的にアピール。ショーを盛り上げるためならなんでもやるという覚悟がうかがえた。

 一方で自動車産業は「100年に一度」の「CASE」という大転換期を迎えている。CASEとは、Connected(つながる車)、Autonomous(自動運転)、Sharing(シェアリング)、Electric(電動化)である。近い将来、人々が移動に使うモビリティを担う主役は、もはや自動車メーカーではなく、巨大IT企業がとって代わる可能性もある。

 自動車メーカーは再び人々を惹きつけ、熱狂させることができるのか。そして、自動車メーカーはCASEにどう対応していくのか。それを調査するために、東京ビッグサイトに出向いた。

■ 会場で豊田章男社長に直接質問した! 

 筆者が訪れたのは、10月26日のこと。

 この日の午前中にはちょうど、青海棟トヨタ展示ブースで、トヨタの豊田章男社長とタレントの渡辺直美さんがおしゃれ等について話すトークイベントが開かれていた。最後に聴衆から質問を受け付けた。豊田社長に直接質問をする絶好のチャンスだったが、私はステージから遠くはなれていたので、残念ながらその機会は得られなかった。

 だが、チャンスは再び巡ってきた。この日の午後、南棟レクサス展示ブースでトークイベントが開かれた。トヨタの電気自動車(EV)の象徴となるレクサスEVコンセプトカー「LF-30 Electrified」の前であった。四輪にインホイールモーターを搭載している最高機種である。

 競技パイロットの室屋義秀氏と、TOYOTA GAZOO RacingアンバサダーでSUPER GT Team LeMans監督の脇阪寿一氏がゲストで、レクサスインターナショナル社長の澤良宏氏も参加されていた。

 突然、脇阪寿一氏が「マスタードライバーをゲストにお呼びしていいですか?」と3回も聴衆に聞いた。そして、マスタードライバーとして登場したのが、豊田章男社長だった。私を含め聴衆は一斉に驚きの声を上げた。

 そして、このトークイベントでも聴衆からの質問を受け付けたのだ。私は真っ先に手を挙げて、質問の機会を得ることが出来た。私は、電気自動車とディスプレイにおける「モジュール化戦略」を研究し、これまでも東京モーターショーやCES(Consumer Electronics Show)等で調査している。

 ――電気自動車や、トヨタでは燃料電池車MIRAIを開発されていますが、どのようにして拡げられるのですか? 

 「電動車には、ハイブリッド、プラグインハイブリッド、EV(電気自動車)、FCV(燃料電池車)の4つがあります。選ぶのは、『市場』と『お客さん』です。市場では、OEMメーカーや、規制、住宅事情、エネルギー事情により異なってきます」

 一言で言うと、「電動化は市場と顧客により決まる」ということだ。当たり前と言えば当たり前のことだが、市場に柔軟に対応し、そのときどき、地域によって最適な電動車を投入していくということだろう。

 ただ、トヨタのような大企業の経営者トップが、このように一般の聴衆からの質問に一つずつ答えるということは非常に珍しい。こういう試みがなされたのも、豊田社長自身の、トヨタ、さらには東京モーターショーの在り方を大きく変えたいという強い覚悟の表れからだろう。

1/4ページ

最終更新:11/8(金) 6:00
JBpress

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事