ここから本文です

井上尚弥を11秒KO男テテが祝福 海外ファンは激突待望「井上戦を20年初旬にどう?」

11/8(金) 11:03配信

THE ANSWER

4団体ベルト独占へのライバル、WBO王者テテ「おめでとう、ナオヤ・イノウエ」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝が7日、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ち。WBSS優勝を果たし、今後に大きく期待が膨らむが、4団体ベルト独占へのライバルの1人、「11秒KO男」で知られるWBO王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)が祝福した。

【画像】試合後に実現していた! 初のカットで腫れた右目、痛々しい表情は…井上が控え室でドネアと撮影した“舞台裏2ショット”の写真

 壮絶な死闘の末に井上が判定勝ちを演じ、WBSS制覇を達成した試合後。テテは「Congratulations to naoya inoue(おめでとう、ナオヤ・イノウエ)」とツイッターに記し、拍手の絵文字を3つ添えた。

 テテは今大会、優勝候補に一角に挙げられながら、準決勝のドネア戦直前に肩の故障により欠場。代わって出場したステフォン・ヤング(米国)をドネアが倒し、井上との決勝に駒を進めていた。

 今後、4団体ベルト独占を目指すことになれば、井上にとっても対戦候補の一人になる。テテの投稿にも海外ファンから「テテ対井上戦を2020年初旬に? どうだい、チャンピオン?」「あなたがあの対戦カードだったらなあ。とりあえずは早く良くなってリングに上がってくれ」「どうするんだい、チャンプ?」と今後の対戦を希望する声が上がっていた。

THE ANSWER編集部

最終更新:11/8(金) 12:23
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事